セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

しらべぇ




コンビニチェーンのセブン-イレブン(以下、セブン)は11月11日から、サンドイッチの『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』『たんぱく質が摂れるサラダチキン&野菜』(いずれも税込345円)を販売開始。

パンの端まで具がない、中身が少量ということから、SNS上で「ハリボテ」と話題になっていたセブンのサンドイッチだが、はたして中身はどうなっているのだろうか。

画像をもっと見る

■野菜がぎっしり!




まずは『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』から。トマト、レタス、玉ねぎの野菜、ハムに半熟ゆで玉子が入ったサンドイッチ。トマト、ケチャップ、にんじん、かぼちゃピューレが入ったサウザンソースで味付けされている。カロリーは187kcal。



断面を見るとこのような感じ。それぞれの具材がぎっしり詰まっており、かなりのボリュームだ。肉厚なトマト、シャキシャキとしたレタスの食感が楽しく、シンプルなサンドイッチながら「ウマい!」の一言。「ハリボテ」と物議を醸したセブンだが、味自体はかなり評価されているため、納得のクオリティだ。

だが、問題は「はたしてハリボテなのか」ということ。半分に割ってみると…

関連記事:セブンイレブン「ハリボテサンドイッチ」選手権 もっとも底上げ感があったのは…

■十分なボリュームを確認




右側のスライストマトは大きなモノが1つ、端部分に1つ。後方部分は空いているものの、これは「十分に詰まっている」といっていいのではないだろうか。

また、左側のレタスも面積は十分で、2枚重なっている箇所もあるためほどよい量。野菜を推しているサンドイッチだけあって、このバランスは「さすが」というべきか。

■ハムの量も申し分なし




また、ハムもパンいっぱいに敷き詰められている。ハムの下にはタマゴが3つ敷かれており、ちょうどサウザンソースの箇所だけ空いていた。

「たっぷりトマトと野菜」という商品名ということから、小さいトマトがパンの後方部分にあと1つあれば…と思わなくもないが、全体的には文句なしのボリュームだ。

■食べごたえ十分の「サラダチキン&野菜」




次に検証するのは『たんぱく質が摂れるサラダチキン&野菜』。2つ合わせたたんぱく質は19.9グラムで、手軽にたんぱく質が摂れるメニューだ。カロリーは205kcal。



断面はこのような感じ。蒸し鶏、ポークハム、レタス、ゆでタマゴなどが入っており、にんじんや玉ねぎをすりおろしたフレンチソースで味付けされている。ヘルシーながらも、蒸し鶏と折りたたまれたハムのおかげで食べごたえは十分。記者の好みで言えば、『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』よりもウマい!

断面だけを見るとすべての具材がぎっしり詰まっているように見えるが、はたして…

■肝心の蒸し鶏の量が…




左側のレタスは、先ほどの『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』よりも少ない。ただ、このサンドイッチは野菜をそこまで推しているわけではないので、許容範囲といえるだろうか。

それよりも気になるのは、蒸し鶏の量。レタス側のほうにかけらがくっついていたり、タマゴの上に乗っかっていたりと散らばっていることも関係しているだろうが、それでも面積的には「ぎっしり」とはいえないだろう。パンの後方部分は茹でタマゴがあるため全体の具の面積は問題ないが、メインの蒸し鶏だけを見ると「ややハリボテ」というレベルか。

ただ、食べていて十分に蒸し鶏のボリュームは感じられたため、「見た目が食べた満足度に必ずしもつながるわけではない」ということは念押ししたい。好みではあるが、記者はこの量でも十分に満足感を得られた。

■今後にも期待


今月4日発売された「トーストサンド」では、「2つあるサンドイッチのうち1つがハリボテ」という現象が確認されていた。今回のサンドイッチは、『たんぱく質が摂れるサラダチキン&野菜』の蒸し鶏の量については若干の不満は残るものの、『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』については文句なしの具の多さ。

「ハリボテ」のイメージはなかなか覆らないかもしれないが、今後の商品にも期待したい。

・合わせて読みたい→セブンイレブン、超デカいキウイが入ったフルーツサンドが話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ