彼氏と結婚したい!結婚を意識させる4つの秘訣

ハウコレ



結婚適齢期になったり、周りがどんどん結婚したりすると女性は結婚に焦るものです。彼氏はいるのに結婚の話が全く出ないということもあるでしょう。

そこで、今の彼氏と結婚したい気持ちがある人に向けて彼氏に結婚を意識させる秘訣について紹介します。

彼氏に合わせてばかりも、自分を押し付けてばかりも結婚を遠ざけてしまいます。早く彼氏と結婚して幸せな家庭を築きたいなら、ここでご紹介する秘訣を実行してみてください。

■結婚したい願望を押し付けない
彼氏の顔を見ると「結婚したい」「いつ結婚するの?」と聞いていませんか?結婚に焦るのは分かりますが、あまりにも結婚したい願望を押し付けると彼氏も気持ちが滅入ってしまいます。

もちろん、あなたのペースもあるため、待ってばかりではいられません。しかし、会うたびに結婚の話を持ち出すのは危険です。あまりに押し付けると「自分のことしか考えてない」と思われて結婚が遠のきます。

結婚の話をするなら「結婚しても仲良しでいたいな。」などのようにサラっと結婚に触れるぐらいのほうがいいでしょう。

このセリフも、たまに出すぐらいにしてください。あなたに結婚願望があることが伝わり、彼を焦らせない思いやりも伝わります。

■常に彼氏の応援をする
男性は、仕事に疲れたとき、ストレスが溜まっているときなどに自分の味方をしてくれる人とずっと一緒にいたいという気持ちになります。そのため、いつも彼氏を応援してあげましょう。

仕事終わりに「お疲れ様」とメッセージを送ったり、彼氏が落ち込んでいたら「あなたの味方だよ」と包み込むことが大事です。

彼氏に「この人となら何があっても大丈夫なのでは?」と思わせるシチュエーションをいくつも作ってください。自然と彼氏のほうから結婚を意識するようになるでしょう。

■結婚後をイメージできる行動をとる
家事をしっかりしている一面や、女性的な一面を見せましょう。実家暮らしの場合も、料理をしている、洗濯をしていることなどをアピールしてください。

家事ができる女性となら、「いつでも結婚できる」と男性は思いがちです。デートでお弁当を作ってみたり、手作りのお菓子を作ってみたりするのもいいでしょう。

彼氏に「結婚したらいい家庭を築くことができるのでは?」とイメージさせるのです。いいイメージをさせることができたら、「この人以外と結婚はできない」と思ってもらえるでしょう。

■いい意味で自立する
彼氏がいなくても生きていけるという強すぎる意味での自立ではなく、彼氏に依存しすぎていない精神的自立をすることは非常に大事です。彼氏が心配で束縛したり依存したりすると、彼氏は「結婚は考えられない」と思うでしょう。

男性は、仕事上の付き合いもあるため、理解力がある女性と結婚したいと思っています。そのため、彼氏を信じてある程度の自由を与えましょう。

付き合っているときから居心地の良さを提供すると、結婚したいという気持ちを高めることができます。

■彼に結婚を意識させる工夫をしよう!
彼氏と結婚したいと思ったら、結婚したい気持ちを伝えるのは大事です。

しかし、彼氏を追い詰めるのではなく、彼氏に結婚したいという気持ちを芽生えさせる努力をしましょう。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ