Adobe AcrobatとReaderのセキュリティアップデートが公開! すぐダウンロードしよう


Adobeは月に1度、製品のセキュリティアップデートを公開していますが、先日、14個のセキュリティバグを修正する臨時アップデートを公開しました。

セキュリティアップデートの内容


以下のアプリに影響する重要なアップデートとなります。
  • Adobe Acrobat 2017
  • Acrobat 2020
  • Acrobat DC
  • Adobe Reader DC
  • Acrobat Reader

今回修正された14個のバグはいずれもパソコンを脅威にさらすものですが、そのうちの3つは特に重大であり、パソコンを遠隔操作される危険があるものです。

いうなれば、ハッカーがマルウェアをインストールしたり、ファイルやプログラムにアクセスするのに利用できる、ロックのかかっていないバックドアを提供するようなバグです。

遠隔操作の脅威は深刻ですが、新しいセキュリティアップデートをダウンロードすれば、この脆弱性を取り除くことができます。

そのほかのバグのいくつかはAdobe Flashに起因します。Flashの脆弱性は有名ですが、この新しいアップデートを適用すれば、AcrobatアプリやReaderアプリからFlashが削除され、安全性を高めることができます。

すべてのAcrobatアプリおよびReaderアプリは、定期的に新しいセキュリティアップデートを自動的にダウンロードしてインストールしますが、Adobeは、デバイスとデータを安全に保つために、手動でアップデートすることを推奨しています。

直接アップデートする方法


やり方はいくつかあります。たとえば、AcrobatまたはReaderメニューから直接アップデートすることもできます。
  1. AcrobatまたはReaderを開く。
  2. [ヘルプ]>[アップデートの有無をチェック]に進む。
  3. アップデートが利用可能かどうかが表示される。 可能なら、画面の指示に従ってインストールする。

Adobeアプリの最新バージョンをダウンロードページから直接ダウンロードしてもよいでしょう(余計な付属アプリをインストールしたくないならチェックボックスをオフにすることを忘れずに)。ダウンロードしたインストーラーを実行し、プログラムのアップデートを選択してください。

Creative Cloud経由でアップデートする方法


Creative Cloud経由でインストールした場合は、Creative CloudからAcrobatアプリをアップデートできます。
  1. Creative Cloudを開く。
  2. [アプリ]を選択する。
  3. [すべてアップデート]をクリックして、利用可能なアップデートがあるアプリの横にある[アップデート]をクリックする。
  4. 利用可能なアップデートが表示されない場合は、[…]ボタンをクリックし、[アップデートを確認する]を選択する。

あわせて読みたい

Image: Shutterstock

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ