山口祐一郎「浦井健治が裸になるかも!?」に「なりません!」と本人が全力否定(笑) 舞台『オトコ・フタリ』製作発表

SPICE



2020年12月12日(土)から東京・日比谷シアタークリエにて山口祐一郎浦井健治保坂知寿の3人芝居『オトコ・フタリ』が上演される。本作の脚本を務めるのはNHK大河ドラマ『篤姫』『江~姫たちの戦国~』」等多数の脚本を手がけ、またコメディ作家でもある田渕久美子による書き下ろしの完全オリジナル脚本。これをミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』『ローマの休日』等を手掛けた山田和也が演出する。
11月12日、都内にて本作の製作発表が行われた。
山口祐一郎
山口祐一郎

目には微笑ましいほどに仲良く喧嘩するフタリのオトコとそれを見守る一人のオンナが織りなすコメディ作品。
脚本を読んだときの感想について聴かれると、抽象派の画家・禅定寺恭一郎役の山口は「稽古初日に田渕さんが見学にいらしたんです。本読みが終わった後で、田渕さんは『今の時代は表には出さないが一人ひとりが困難を抱えて一つひとつ乗り越えている、その重さみたいなものをこの喜劇の中の場面に出て、観客と共感出来ると良いなぁ』とおっしゃったんです」と振り返り、それが実現できるよう力を注ぎたいとコメントしていた。また「重さ」と言いつつもコメディ作品ということで「(台本を読んで)ずっと笑えました。仕事、家庭、お子さんの事などで問題を抱えている人がこの作品を観てパワーをもらえ、前向きになれるといいですね」とソフトな語り口で話していた。
浦井健治
浦井健治

禅定寺のアトリエにやってくる須藤冬馬役の浦井は脚本を読んで「年末にこの作品に出る事ができて、ハッピーだなと感じた」と笑顔を見せる。続けて「人間の日常の中での愛がたくさん描かれている、それを学べたり再確認できる作品なんじゃないかな。そんな作品を尊敬する二人の先輩と一緒に作っていけるという事は僕にとっては『ご褒美タイム』なんじゃないかな。感無量です」浦井は目を輝かせながらそう語っていた。

ちなみに浦井はコメディという事で「笑いを貪欲につかみにいこうとすると絶対に滑るなという事が自分の中の教訓です」と苦笑いしつつ「(演出の)山田さんが僕の手綱をしっかりと締めてくださるはず」と信頼(?)を寄せていた。
保坂知寿
保坂知寿

禅定寺家の家政婦・中村好子役を演じる保坂は「田渕さんはお二人(山口と浦井)の魅力をどれだけ知っているんだろうと思うくらい」脚本に二人の人となりが描かれている事に驚きを隠せなかったと口にし、「私はそんなオトコ二人の間の“点”を務めればいいんだな」とタイトルの『オトコ・フタリ』の文字を指さしながらコメント。

3人は過去に舞台共演歴がある。お互いの印象について聴かれると山口は「浦井さんとは『笑う男』『王家の紋章』で共演したが、殺陣をやる事になり、殺陣師が振りを付けたら一度で覚えてしまった。そういうのを目の前でやられると(自分との)明らかな才能の差を感じ、そういう事を謙虚に受け止めないと。そういう能力がない自分はどこで頑張ればいいんだろう」と、とつとつと語ると隣でやめてくださいといわんばかりに浦井が身悶えていた。また保坂については、劇団四季時代の話を持ち出し「昔『オンディーヌ』という作品で皆2~3ヶ月稽古をしていたんですが、保坂さんは『3日で舞台に立つレベルの芝居が出来たら本番出してやる』とある先生(笑)がおっしゃられ、見事に3日後には出来たんです」というエピソードを披露し「そういう才能に溢れたお二人に囲まれて……」と浦井の時と同じくだりを繰り返すと今度は保坂が突っ伏しながら苦笑していた。

そんな大先輩の印象を聴かれた浦井は「大スターで皆の憧れである山口さんが皆を引き連れて第一線で走ってくださる、日本のエンタメ界は恵まれているなぁ」とリスペクトすると、山口が良い事を言ってくれたお礼とばかりに、手元にあるペットボトルを浦井にプレゼントする素振りを見せ笑いを誘う。また保坂が「いつも大作に出演する山口さんを今回はこの(小規模な)作品で見れるのは贅沢。そして変わらず皆に気を配る方」と褒めると、山口は今度は自分のだけでなく浦井のペットボトルまで保坂に進呈するそぶりを見せてさらに笑いを取っていた。

山田とのやり取りで印象に残る事などあったか? と質問が寄せられ、保坂が話し出した瞬間、取材会場の時報チャイムが鳴り出し、「じゃ、(会見を)終了させていただきます」と即座に笑いに変える保坂に皆大笑い。改めて保坂は「日常を切り取ったようなお芝居なのでお客さまに“見せる”芝居ではなく、その空間に生きている人たちを見てくださる人たちが“いる”という作り方を細かく設計し、それぞれの役のキャラクターが深まっていくように導いていただいている最中です」と語っていた。また浦井は「山田さんは将棋の駒をいっぱい持っているイメージ。今日は歩のダメ出しを、今日は飛車角のダメ出しをしてみるか、そして王手が来ちゃったー! って時にズバッと言われる……280手先まで読まれているような演出をしていただいています」と独特な表現で説明した。


コロナ禍の中で行われている稽古についても話が及ぶ。マスクを付けて稽古に臨む事について山口は「高地トレーニングをしているみたいです。また(換気のため)窓を開けっ放しにしているので稽古場は寒い。外の道路工事のドリルの音もすごく聴こえてくるんです。ウィズコロナの世界では空間を隔てず、空間を分け合って乗り切っていくんだなと思ってやってます」と飄々と語っていた。

芝居の見どころは? との問いに保坂は「お二人のファンが凄く嬉しいと思う」と言うと山口が「もしかしたら浦井さんが裸になるかもしれません」と真顔でコメント。すると浦井が「なりません!」と山口を制するように口を挟み、また皆大笑い。最後まで笑いが絶えない会見となっていた。

取材・文=こむらさき 撮影=オフィシャル提供

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ