どうやって仲直りすればいい?彼を傷つけてしまったときの対処法4つ

ハウコレ



付き合いが長くなるとよくも悪くも緊張感がなくなり、何気ない言動で彼氏のことを傷つけてしまうこともありますよね。

彼の優しさについあぐらをかいてわがままを言ったり、八つ当たりをしたりしてはいませんか?

彼が急にこちらを拒むような態度をとるようになったのならば、知らず知らずのうちに彼を傷つけてしまったのかもしれません。今回は彼との関係を修復する方法について特集しているので、ぜひご覧ください!

■彼の立場になって考える
あなたにとっては些細なことであっても、彼からするとショックを受けてしまうこともあります。明らかにあなたに非があるというわけではなくとも、考えや感覚のズレによって知らないうちに彼を傷つけてしまっている場合も……。

その根本的な原因を解消しなければ、仲直りしてもすぐにまたぎこちない関係になってしまいます。

まずは彼の立場になって物事を考えるように努力してみましょう。自分の言動が彼にどのように映るのかを想像できれるようになれば、関係悪化の根本的な問題を取り除けるでしょう。

■彼の話にきちんと耳を傾ける
彼女に言動に傷ついていても、そのことを隠して口にしない男性も少なくありません。「何を言っても無駄」と彼女に愛想を尽かしていたり、喧嘩を避けるためにあえて沈黙したりすることもありますが、本当は言いたいのに自分の気持ちを言えないという場合もあります。

このような場合は、彼女に対して「謝ってほしい」というよりも「自分の気持ちをちゃんとわかってほしい」という気持ちをもっているもの。

彼の話に耳を傾け、彼が自分のどのような言動で傷ついてしまったのかをきちんと知ろうとする姿勢が必要です。また、彼が自らの気持ちやあなたに対する不満を言いやすい雰囲気を作ることも大切でしょう

■誠意をこめて謝る
彼が傷ついている理由がわかったならば、心をこめて謝りましょう。「ごめん」と一言ですませるのではなく、自分のどのような行為が彼を傷つけてしまったのかも踏まえた上で謝るのがポイントです。

たとえあなたなりの言い分があったとしても、謝罪を受け入れてもらうまではいったんそれを飲み込み、彼の気持ちに寄り添うようにしてみてくださいね。

なお、「とりあえず謝っておこう」という姿勢は厳禁。どうして彼が傷ついているのかをよくわかりもしないで謝るのは不誠実ですし、「その場しのぎのための不誠実な行為」と思われてしまいます。

■行動でも愛を伝える
たとえば心変わりを疑われるような言動で彼を傷つけてしまったのならば、謝るだけでなく、愛情表現もしっかりとおこないましょう。

言葉はもちろん、態度や連絡頻度などを通じて彼への愛をしっかりと見せることが大切です。

■距離が開いてしまう前に早めに仲直りをしよう
恋愛には山もあれば谷もあります。あれだけ愛し合っていたはずの二人が、ちょっとしたすれ違いや誤解が原因でひどく傷つけあってしまうことも……。

そうならないためには、「自分が絶対に正しい」と思ってしまわずに、自分のどのような言葉や態度が彼を傷つけてしまうのかを想像力をもって考えることが不可欠です。

彼を傷つけてしまったときにはしっかりと反省し、彼の気持ちに寄り添いましょう。また、取り繕った言い訳でごまかさず、誠実な言葉と態度で謝罪をすることが大切です。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ