田村淳も大興奮!?納言・薄幸が「夜の営み」最中の“変わったクセ”を告白した夜

アサ芸プラス


 Gカップ女芸人として人気急上昇中の納言・薄幸が衝撃の性癖を明かし、世の男性たちを興奮させる事態になっている。

それは11月10日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)でのこと。女性芸能人が格付けされる人気企画「格付けしあう女たち」が行われた。テーマは「(20代~40代の一般男女200人に聞いた)男と付き合ったらダメになりそうな女」。その中で薄幸はこれまでの恋愛事情を明らかにした。

薄幸は40代、50代の男性とばかり交際してきたという。理由は支配されたいからで、彼氏に敬語を使うのが好きだと話した。

「それも夜の営み行為の最中に敬語を使うのが好きで、みずから『H中に敬語使うのスゴイ興奮する』と明かしました。これには司会の田村淳も興奮ぎみに。『なんで急にそこまで話していいと思ったのか』と困惑しながらツッコミを入れていました」(芸能ライター)

具体的にどんな言葉を使うのか聞かれると、「気持ちいいですか?」「気持ちいいです。ありがとうございます」と実際に行為をしている時のように言葉を発している。

「薄幸の行為中を想像してたら、興奮してしまいました(笑)。実は彼女は以前からドMであることを公言していて、『私は相手に尽くす。すべてにおいてやる』とどんなプレイもいとわないと話したことがあります。また相手の男性に入れる穴をまちがえられたこともあるとか」(前出・芸能ライター)

行為中の変わったクセがまだまだありそうな薄幸。今後も、少しずつ明らかにされていくかもしれない。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ