華原朋美に親族も応援メッセージ!「SNS再開は早すぎる」懸念の声も

アサジョ


 11月10日、歌手の華原朋美がユーチューブに号泣謝罪動画をアップして以来、1カ月半ぶりに自身のツイッターとインスタグラムを更新。写真付きでファンに元気な姿を公開したが、ネット上では《もっとしゆっくり休んで》との声もあがっている。

両SNSに「こんにちわわ みなさん元気にしてますか?」(本文ママ)というコメントと共に近影と見られる画像をアップ。華原は茶髪の髪をお団子にまとめ、化粧っ気のない顔は以前よし少しふっくらした印象で、穏やかな笑顔を浮かべている。

一部週刊誌で伝えられた、バイオリニストの高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターに息子が虐待されたという疑惑報道を号泣しながら謝罪する動画を9月23日に自身のユーチューブチャンネルにアップして以降、華原はSNSの更新もストップしていた。「女性セブン」10月29日号には号泣謝罪動画を観た家族が華原の精神状態を心配して病院に緊急入院させたとの報道もあったため、今回の華原の投稿にネット上では、《心の病気はすぐには回復しないから、もっとゆっくり休んで》《SNSやユーチューブは精神疾患リスクを高めるからしばらくは離れた方がいい》など心配の声が続々と寄せられている。

「華原は過去にも薬物依存に陥り、入退院を繰り返した過去があるため、多くの目やプレッシャーに晒されるSNSの再開は早いのではないかという意見が出るのも当然です。ただ、11日は華原の親族が自身のツイッターに『不器用な生き方は変えられない。何度転んでもまた立ち上がって、また転んで。人生うまくいかないねぇって悩み続けます。でも、信じて待ってるよって人もたくさんいて、自分の人生と重ね合わせている人もいる。歌を通して多くの人に希望を与えたり、励ましてきた実績もある。物語はまだまだ続くね』と投稿。家族もしっかりと見守ってくれているようなので、慌てることなく立ち直っていってくれればと願います」(芸能レポーター)

焦らずに歩んほしいものだ。

(板橋亮二)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ