菅田将暉×有村架純のカップルが見せる“出会い・デート・同棲” 自然体の5年間を切り取る『花束みたいな恋をした』場面写真を一挙公開

SPICE


2021年1月29日(金)の映画『花束みたいな恋をした』から、場面写真9点が解禁された。

『花束みたいな恋をした』は、菅田将暉と有村架純が初のW主演を果たす映画。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる脚本家・坂元裕二氏が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けた作品だ。メガホンをとるのは、『いま、会いにゆきます』『映画 ビリギャル』などの土井裕泰監督。土井監督と脚本の坂元氏は、ドラマ『カルテット』以来、映画では初めてタッグを組む。本作で描かれるのは、偶然に出会い、その夜から始まるひとつの恋の5年間の行方。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことで、大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)は偶然出会うことに。好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた二人は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。ふたりは、拾った猫に一緒に名前をつけ、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に就職活動を続けるが……。


解禁されたのは、恋に落ちた山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)の5年間を切り取った場面写真。明大前駅で終電を逃してしまった二人がトイレットペーパーを抱えながら夜の甲州街道を歩く出逢いの夜のほか、文庫本を交換し合う様子やデート、二人の同棲生活などが収められている。さらに、イラストレーターの夢を叶えるため努力する麦の姿や、新社会人として働く二人の姿も公開されている。
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

麦を演じた菅田は「有村さんと二人で無意識のうちに主演の負担を分け合って、余計な気を遣わずにいられたし、雑談しているだけでいくらでも場が持つという幸せな現場でしたね」と撮影についてコメント。絹を演じた有村も「絹と麦の距離感が失われたら勿体無いと思ったので、“絶対に気を遣わない!”と決めて敢えて距離を縮めました」と振り返っている。
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

『花束みたいな恋をした』は2021年1月29日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ