田中みな実、セクシー泥棒役でカムバック「深田さんはとってもいい香り」『ルパンの娘』第5話

テレビドガッチ

深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第5話が、11月12日に放送される。田中みな実が、前作に続き、セクシーな女泥棒・双葉美羽役で出演。また、美羽の手下役を演じたプロレスラーの真壁刀義と本間朋晃も同じ役で再び出演する。

本作は、横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。2019年7月期に放送された同名ドラマの続編で、今作はついに結ばれた華と和馬のその後を描いていく。

深田、瀬戸のほか渡部篤郎、小沢真珠、栗原類、どんぐり、麿赤兒、藤岡弘、、信太昌之、マルシア、大貫勇輔が続投。今作では新たに橋本環奈、松尾諭、我修院達也、伊吹吾郎が出演する。

美羽は前作で華ら“Lの一族”に敗れ収監されたものの、刑務官を誘惑し脱獄、再び華たちの前に現れる。「前作から内容も衣装もさらにパワーアップして、美羽のキャラクターにも拍車がかかっています」と田中が語った通り、田中の演技はもちろん、今作の美羽の衣装も注目ポイントとなっている。また、主演の深田や、手下役の真壁、本間との再会について田中は「深田さんは、変わらずチャーミングでほんわかしていて、アクションシーンで近づいたらとってもいい香りがしました(笑)。美羽の手下役の真壁さん、本間さんに再会したら“S心”に火がついて、美羽の役柄を思い出すことができました」とコメントしている。

なお、先週放送された第4話では、深田と元℃-uteの矢島舞美の格闘シーンに注目が集まり、インターネット上では「何から何まで美しかったですね」と称賛の声があがっていた。

<第5話あらすじ>
三雲華(深田)が泥棒衣装で逃亡する姿が何者かに撮影された。尊(渡部)はてんとう虫3号調査隊を放ち、撮影位置を特定。そこに残されたバイクのタイヤ痕をたどり、犯人のアジトを突き止めた。アジト内部に潜入したてんとう虫3号が送信する映像には、かつて戦った女泥棒、双葉美羽(田中)の姿が映し出される。美羽はある目的のために、手下の大岩(本間)、依田(真壁)の手引きで脱獄していた。尊は美羽たちに“Lの一族”が生存している証拠を隠滅させるため、アジトへの潜入を計画。だが、華と尊は顔を知られているため警戒厳重なアジトへの接近も難しい。そこで尊は渉(栗原)に造らせた秘密道具を家族たちに装着させる。

北条美雲(橋本)は和馬(瀬戸)に交際を宣言するが、二度と誰かを愛せないと断られてしまう。執事の山本猿彦(我修院)に和馬への恋心を指摘されるが、美雲は和馬への接近はあくまで“Lの一族”を暴くためだと主張。美雲の和馬への関心はさらにたかまった。

渉の秘密道具は効力を発揮する。それは人と人の意識を入れ替える装置。尊は自分が悦子(小沢)、華がマツ(どんぐり)の体に乗り移り、美羽のアジトへの潜入を図ろうとしたのだ。試しに華とマツを入れ替えるが、華には大不評。すぐに元に戻そうとするのだがマシーンに不具合が発生。体がマツになってしまった華……こんな状況で美羽たちと戦えるのだろうか? 一方、美羽は和馬たち警察も追っていた。和馬は差出人不明の封筒を受け取り、一人で出て行くのだが、美雲は不審な行動をする和馬の追跡をはじめる……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ