椎名桔平が名探偵ポアロを演じる、舞台版『オリエント急行殺人事件』 豪華絢爛なビジュアルが公開

SPICE



2020年12月8日(火)~27日、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演される、舞台版『オリエント急行殺人事件』のビジュアルが公開された。

本作は1934年英国での出版以降、名探偵ポアロが軽妙に事件を解決する様が世界中の人々を魅了し、長岐に渡りドラマ化、映画化されてきた。2019年、日本初演の幕を開けた本作は、巧みに構成された心理会話劇とコメディを河原雅彦によって演出し好評を博した。そして、アガサ・クリスティー生誕130周年となる2020年12月、演出・河原雅彦と椎名桔平との初タッグにより待望の上演を果たす。名探偵ポアロが対峙する、一癖も二癖もある乗客たちを演じる俳優陣にも注目だ。

主演の名探偵ポアロを演じるのは椎名桔平。そして2019年に引き続き出演が決定した室龍太(関西ジャニーズJr.)、宍戸美和公、マルシア、そして今回新たに加わることとなる松井玲奈、松尾諭、本仮屋ユイカ、粟根まこと、中村まこと、高橋惠子という実力派俳優陣が、アガサクリスティーの名作に挑む。なお、松井はアンドレ二伯爵夫人、松尾は鉄道会社重役のブーク、室はラチェットの秘書であるヘクター・マックイーン、本仮屋は家庭教師のメアリー・デブナム、粟根(二役)は、貿易商のサミュエル・ラチェット、軍人のアーバスノット大佐、宍戸は宣教師のグレタ・オルソン、中村はオリエント急行車掌のミシェル、マルシアは旅行者のヘレン・ハバード、高橋はドラゴミロフ公爵夫人を演じる。

そしてこの度、ビジュアルが公開となった。豪華絢爛なオリエント急行に乗り込む乗客らの姿を表現しており、ますます舞台への期待が高まるものになっている。

雪に閉ざされた豪華列車で起こる密室殺人。容疑者は全乗客。残された傷が指し示す、たった一つの「真実」とはー人生の重みを背負いながら懸命に前へ進む人々の物語を、2020年の締めくくりに堪能してみてはいかがだろうか。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ