鼓童、約1年半をかけて国内外を巡る『創立40周年記念公演企画』が決定

SPICE



鼓童が、創立40周年を記念し、2020年11月より約1年半をかけて国内外を巡る『創立40周年記念公演企画』を行うことが決定した。

1981年にベルリン芸術祭で鮮烈なデビューを果たし、以来、公演数は世界52カ国で6,500回以上を数える鼓童。日本のプロフェッショナルの公演団体として最も数多くの海外公演を行っており、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見出し、現代への再創造を試みている。また、劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」や、ワールドミュージック・クラシック・ジャズ・ロック・ダンスパフォーマンスなど、異なるジャンルの優れたアーティストとも積極的に交流を図り、世界各地で様々な形で太鼓文化の普及と発展に努めている。


そんな鼓童が創立40周年を記念し、記念公演を行う。プログラム第一弾は『鼓童ワン・アース・ツアー2020ー2021~鼓』日本ツアー、第二弾は「鼓童×東京交響楽団『いのち』」@ミューザ川﨑シンフォニーホール、第三弾は『鼓童ワン・アース・ツアー2021ー2022~童』日本ツアー。特別企画として、「「鼓童浅草公演『歩』」@浅草花劇場(花やしき)、『鼓童創立40周年記念公演』@オーチャードホール、また中国やヨーロッパにて記念公演ツアーも行う予定となっている。

■第一弾/鼓童ワン・アース・ツアー2020-2021~鼓


11月の京都・春秋座を皮切りに2020年は全国8都府県9都市14公演を行う。
また2021年5月~7月にかけて、関東・北海道・東北・関西などでの春の「鼓」ツアーを開催。鼓童の原点「佐渡」をテーマに、新たな領域への礎となる舞台。

■第二弾/鼓童×東京交響楽団「いのち」


2021年10月30日(土)神奈川県川崎市 ミューザ川崎シンフォニーホールにて。第2弾企画は、5年ぶりのオーケストラとの共演が実現。池永レオ遼太郎が自身初となるオーケストラとの新曲「いのち」を書き下ろし、世界初演となる舞台。その他に、「モノクローム」とともに作られたオーケストラとの共演曲「モノプリズム」を40周年の節目に次世代の若いメンバーに継承し、新たな創作の糧を繋げます。鼓童ミュージックアドバイザーであり、日本を代表する指揮者下野竜也と東京交響楽団との命の響きをおくる。

■第三弾/鼓童ワン・アース・ツアー2021-2022~童


2021年11月から翌年にかけての国内ツアーを予定。創立40周年ツアー第三弾は、「童」(わらべ)と題した新作舞台。佐渡をテーマに、「鼓」は太鼓を、「童」は人を際立たせる2連作。クラシカルな演目、演出を基調に、身体と太鼓の音のみシンプルな表現と多様な音の響きが融合する舞台となる。

■特別企画/鼓童浅草公演『歩』
2021年6月24日(木)~27日(日)東京都台東区 浅草花劇場(花やしき)にて。今年8年目を迎えるはずだった浅草公会堂での連続公演。来年は「浅草花劇場(花やしき)」にて、住吉佑太演出による連続公演を行う。

■特別企画/鼓童創立40周年記念公演


2021年11月24日(水)~28日(日)東京都渋谷区 オーチャードホールにて。2017年坂東玉三郎の演出、共演作品『幽玄』以来4年ぶりのオーチャードホールでの公演。代表の船橋裕一郎が演出を担当。
2020年浅草で行う予定だった『巴』の他、『鼓』『童』の合計3作品に名誉団員も出演する特別演出となる。

太鼓芸能集団 鼓童 代表 船橋裕一郎 コメント

船橋裕一郎
船橋裕一郎

鼓童は、この度の新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う様々な影響により、大きな影響を受け、冬の欧州ツアーの中断に始まり、多くの公演を中止するなど苦しい判断を致しました。
今なお、今後の活動に対してこれまでに経験したことのない厳しい状況が続いております。

しかし、公演ができない期間は拠点である佐渡に腰を据え、改めて自分たちの暮らしを見つめ直す機会にもなりました。
それぞれが学び、思考し、この地で創作に向き合えたことは今後の鼓童グループの活動に向けた大きな糧になっていると確信しております。

2021年、鼓童は創立40周年を迎えます。前身の「佐渡の國鬼太鼓座」を含めるとその歴史は半世紀に及び、日本全国、世界各地へと旅をしながら演奏活動を行って参りました。
現在、2020年11月より約1年半をかけて全国を巡る、「創立40周年記念公演企画」を準備しております。

この期間で得た力とともに、何としてもこの危機的な状況を乗り越え、広く深い繋がりで得た、鼓童の財産を次代に継承し、活動を継続して参ります。

「創立40周年記念公演企画」では、鼓童の<過去、現在、未来>を太鼓の響き、音楽の力、生身の舞台を通じて全国各地、世界各地へとお届けして参りたいと考えております。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ