“吉田茂”小林薫ד白洲次郎”浅野忠信の激論シーン解禁 『日本独立』予告編

クランクイン!

 俳優の浅野忠信、女優の宮沢りえ、俳優の小林薫が出演する映画『日本独立』より、小林演じる吉田茂と浅野ふんする白洲次郎が激論を交わすシーンを収めた予告映像が解禁された。

本作は、第二次大戦終戦直後のGHQに占領された日本において、吉田茂と白洲次郎の“日本独立”への思いを軸に、新憲法制定にまつわる熱い日々をスリリングに描く人間ドラマ。

GHQをして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた白洲次郎を浅野が、その妻・正子を宮沢が、吉田茂を小林がそれぞれ演じ、そのほか、柄本明、石橋蓮司、松重豊、渡辺大、浅田美代子ら実力派俳優陣が重厚な人間ドラマを繰り広げる。ナレーションを務めるのは奥田瑛二。社会派の名匠・伊藤俊也がメガホンを取る。

解禁された60秒予告編では、実業の第一線から離れ、郊外で農業に励む白洲(浅野)が、終戦したことを妻の正子(宮沢)から知らされるシーンから始まる。

GHQの総司令官マッカーサーは、敗戦国日本に日本国憲法の改正を命令。米国主導で押し進めようとするGHQに対し、外務大臣(後の内閣総理大臣)吉田茂(小林)より、GHQとの交渉役を委ねられた白洲は、その豪快な人柄と流暢な英語力でGHQと渡り合っていく。

“勝目のない”現実に直面しながらも可能性を追求し戦う白洲に対し、「従うふりして早く独立することだ」と冷静に諭す吉田。「いい加減にしろ!」と声を荒げる白洲。敗戦国日本の独立を願う2人が本音で激論を交わすシーンも映し出され、プライドをかけた男たちの“熱い想い”が込められた、緊迫の予告編となっている。

映画『日本独立』は12月18日より全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ