セレーナ・ゴメス、ジェニファー・ロペス、マライア・キャリーも“バイデン新大統領誕生”に歓喜するセレブ達(3)

米時間7日、激戦を繰り広げていたペンシルベニア州を制したジョー・バイデン氏が2020年の大統領選でトランプ現大統領に勝利した。この歴史的瞬間にバイデン氏の支持者達が全米各地で歓喜の声をあげるなか、ハリウッドでもSNSで多数のセレブ達が喜びのメッセージを綴っている。

■セレーナ・ゴメス

先月、投票用紙とにらめっこする写真などをInstagramに公開し、無事投票を終えたことを報告していたセレーナ・ゴメス。かねてからジョー・バイデン氏とカマラ・ハリス氏への支持を公言していたセレーナは、両者勝利のニュースに大興奮。のちにInstagramストーリーに動画をアップし、友人らと車中でマイリー・サイラスの2009年のヒット曲『Party In the USA』に合わせ、車中で盛り上がる様子を公開した。

車中でははち切れんばかりの笑顔を振りまいていたセレーナだが、バイデン氏とハリス氏の勝利には込み上げてくるものがあったようだ。セレーナはそんな胸中をInstagramストーリーに次のように綴っている。

「今夜、私はジョー・バイデンとカマラ・ハリスの姿に感動して涙しました。たくさんの希望を感じているです。今日の夜は、思いやりと共感力に溢れていました。意見に相違があっても、私達は互いを思いやることができるのです。」

また初の有色女性副大統領となるカマラ・ハリス氏についても「心から感謝」「もっと早く誕生していてもよかったくらい」と言及した。

■ジェニファー・ロペス

米時間7日にバイデン氏勝利のニュースを聞いたジェニファー・ロペスは、すっぴんでベッドの中から「今朝は本当に嬉しくてたまらない」「ただただ喜びの涙を流している」とInstagramストーリーを更新した。7日夜の勝利宣言でトランプ支持者に対し「私達は敵ではありません。皆同じアメリカ人です」と訴えたバイデン次期大統領の言葉のようにジェニファーも、

「私達が一丸となって、お互いを愛し合い、価値を認め合えるようになりますように。」

「新たな時代の始まり。」

と喜びを露わにしている。

プエルトリコ系の両親のもとに生まれたジェニファーは、今年2月に行われたスーパーボウル・ハーフタイムショーでケージに入った子供達をステージに登場させるなど、米国が抱える社会問題、とりわけラテン系移民への差別や政治的圧力へのメッセージを伝えて話題を呼んだ。そのためジャマイカ系、インド系移民の子であるカマラ・ハリス氏が初の有色女性副大統領としてホワイトハウス入りすることにも、ジェニファーは大きな期待を抱いている様子。「世界中で声を上げた若い女の子達にとって、今日は歴史的な一日になった」と改めて同氏の快挙を称えている。

■マライア・キャリー

今年6月にトランプ大統領が74歳の誕生日を迎えた際、自身のSNSにオバマ前大統領夫妻と自身のスリーショットをアップし、“Happy #ObamaAppreciationDay!!”(ハッピー、オバマ感謝デー!!)とハッシュタグを添えたマライア・キャリーは、このような“反トランプ”発言や“#bidenharris2020”のハッシュタグでこれまで堂々と民主党支持を表明してきたセレブの1人だ。

そんなマライアは自身のInstagramにアメリカ国旗をバックにバイデン氏とハリス氏が手を取り合う写真をアップし、

「世界にとって喜ばしいこと!!! ありがとう、ジョー・バイデン、カマラ・ハリス」

と喜びを綴っている。

このようにハリウッドを代表する歌姫達も、トランプ大統領の終焉と“結束”・“再生”を誓うバイデン氏とハリス氏による新政権への期待に胸を膨らませているようである。

なお7日夜に放送された『Saturday Night Live』では、アレック・ボールドウィン扮するドナルド・トランプ大統領と、ジム・キャリー扮するジョー・バイデン次期大統領がお茶の間に登場。敗北宣言をせず最後まで悪あがきを見せるトランプ大統領、そして勝利宣言を行うバイデン次期大統領を演じたアレックとジムは、両氏の特徴をよく捉えた痛快スケッチコメディーでアメリカの歴史的夜に大きな笑いを届けた。



画像は『Selena Gomez 2020年10月22日付Instagram「Just finished filling out my ballot!」、2020年11月7日付Instagram』『Jennifer Lopez 2020年11月7日付Instagram』『Mariah Carey 2020年10月28日付Instagram「VOTE!」、2020年11月7日付Instagram「Joy to the world!!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ