日本の体育館履きブランドがFENDIとコラボ! 世界に認められた靴メーカー

日刊SPA!

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆65/108 KITCHE(810s)各5000円

NIKE、adidas、PUMAなどスニーカーといえば海外ブランドですが、実はわが日本にも世界で認められた老舗ブランド「moonstar ムーンスター」が存在します。

ゴムのストラップがついた妙なデザインの体育館シューズを覚えていますか? 私が通っていた小学校ではトウの部分が赤いのが外履き用、青いのが内履き用でした。そう、あの体育館シューズを作っていたのがムーンスターです。

久留米の老舗メーカーであるムーンスターですが、実は世界でも稀な技術を保有している職人派。技術力の高さを買われ、昨今はFENDIなどの高級ブランドとも盛んにコラボをしています。体育館シューズのブランドが、一足10万円以上する靴を作っているのだから不思議なものです。

そんなムーンスターがおしゃれラインとして打ち出しているのが「810s」シリーズ。なかでもおすすめなのがKITCHE。一見すると、スタンスミスのようなデザイン……ですが、スタンスミスよりシャープな作りで日本人の足によくなじむ。革靴のようにシュッときれいなシルエットで、スニーカー特有のボテッとした印象はありません。

シューレースはゴムに変わり、ワンタッチで足を入れることができて快適です。上質な本革のように見えますが、実は雨でも雪でも対応できる合皮素材。風合いは本革以上にこだわっており、わずかな起毛感はまるで高級ヌバックのよう。これで5000円というのだから驚き。スタンスミスで3足買えます。

◆歩き心地も本格的

この手の格安スニーカーは歩き心地や耐久性、細かなフォルムなどにアラが目立つものですが……さすがに老舗メーカー、歩き心地も本格的です。スニーカーは種類が膨大で迷いますが、NIKEなどのブランドの多くは高価格のため、なかなか色で遊ぶことができない。

しかし、この810sなら2足買っても1万円。普段は白を選ぶところ「黒もついでに」とチャレンジできます。KITCHE以外のモデルも展開しており、ラインナップは豊富。選択肢の一つとして頭に入れておくことをおすすめしますよ。

安くて質がよくて快適、これ以上ないでしょ。

商品、衣装/すべて私物 撮影/撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

【MB】

ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超!

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ