『#リモラブ』第4話のあらすじは? “檸檬”の正体は松下洸平と気づいた波瑠……心が揺れ動く!

#ドラマに恋して

※画像は『#リモラブ~普通の恋は邪道』公式instagram(@remolove_ntv)より

 

波瑠さん主演によるコロナ禍での恋愛を描くラブコメディ『#リモラブ』(日本テレビ系、毎週水曜よる10時)。その第4話が11月4日に放送されました。

 

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』ってどんなドラマ?

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』は水橋文美江さん脚本によるラブコメディー。「コロナのある世界観を描いた」ドラマとして注目を集めています。

 

 主人公は「鐘木パルプコーポレーション」で働く産業医・大桜美々(波瑠さん)。新型ウイルスの驚異の中で対応に追われる彼女は、厳しい管理体制と態度から健康管理室の独裁者と言われています。しかも男性を食べ物に例え見下す癖もあり、恋愛はおざなりに……。

それでもひとりの時間をそれなりに楽しんでいましたが、SNSで『檸檬』というアカウント名の顔も名前もわからない人物に恋! しかもその相手は社内の人間だと発覚!? いったい誰が……

 美々と一緒に働く新人看護師・八木原大輝を髙橋優斗さん(HiHi Jets/ジャニーズJr.)のほか、人事部社員の朝鳴肇を及川光博さん、青林風一を松下滉平さん、五文字順太郎を間宮祥太郎さん、営業部の社員の岬恒雄を渡辺大さん。女性陣では、青林の彼女の我孫子沙織を川栄李奈さん、パルプコーポレーションの嘱託医で精神科医の富近ゆりを江口のりこさんが演じます。

 

五文字を『檸檬』だと思い交際を始めた美々でしたが、おうちデートの最中に本物の『檸檬』から連絡が来て……『#リモラブ~普通の恋は邪道~』第4話はどうなったのでしょうか、あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第4話のあらすじは?

五文字順太郎(間宮祥太朗さん)といる時にあの『檸檬』から連絡が入り驚く大桜美々(波瑠さん)。すぐさま五文字を家に帰らせると『檸檬』とのメッセージを始める。

 

『檸檬』は3月頃から付き合い始めた彼女について語り始めると、美々に「会社の産業医にコロナ禍での彼女との付き合い方を相談した」と話す。ここで美々は初めて青林風一(松下洸平さん)が『檸檬』だったことに気付き、理想とのギャップに「青林だけはイヤ~」と悶絶するのだった。

 

翌日、美々は、青林と我孫子沙織(川栄李奈さん)が『草モチ』(美々のアカウント名)とのメッセージのやり取りをめぐって揉めていることを知る。そこで以前もらった「好きな人がいますか?」との質問に「彼氏がいます」と返し浮気の疑いを晴らそうとするが…。

 

一方、五文字は美々に嘘がバレているとは知らず、自ら『檸檬』ではない事を打ち明ける。美々は「正直に話してくれたからもういい」と許し、五文字は改めて美々に告白するのだった。

 

その頃、青林と我孫子は別れ話の真っ最中。何とか歩み寄ろうとする青林に対し、我孫子は「付き合い始めた3月頃が気持ちのピークだった」「青ちゃんの体が目当てだった」と奔放にぶっちゃける。

 

家に帰った美々は、『檸檬』こと青林にメッセージを送ってみる。その頃、青林は彼女と会うために上京してきた父・菊太郎(山崎一さん)に破局したと言えないでいた。しかし『草モチ』と会話を交わすことで心の余裕を取り戻し、正直に打ち明ける。

 

後日、会社の健康管理室にぎっくり腰になった青林の父が運ばれてくる。青林は、父から「美々先生が『私がいつも見ているから安心してください』って言ってくれた。ずっと腰をさすってくれた」と聞き美々の優しさを痛感。夜、父を新幹線に乗せて戻ってきた青林は、美々に1枚の写真を見せて『草モチ=美々』かを確認する。そして違うと分かると残念そうに「美々先生が草モチさんなわけないですよね」と肩を落とした。そして「でも、美々先生って健康管理室の独裁者とか色々ヒドイ風に言われてて、実際僕もよく思ってないところも正直ちょっとあったりして」と打ち明けると「でも今は違います。本当は優しくて魅力的な人なんだろうなって」と告白。

 

そして「誤解してました美々先生の事。美々先生。僕、分かったんです」と美々に期待を持たせると「五文字の見る目は間違ってなかたって!五文字とのこと応援しています」と言うのだった。

 

青林、恋人との別れ

恋人の沙織にセフレがいることが分かり、どんよりとし続ける青林。そんなときにも思い出したのが『草モチ』のことでした。再び『檸檬』とやりとりを交わすようになった美々ですが、『檸檬』の恋バナから「檸檬=青林」だということにとうとう気がつきます。

一方、青林と沙織はギクシャクしたまま、というより青林の心の整理がつかないまま。あんなにラブラブだったのに……。

というか自分にはセフレがいるのに青林が『草モチ』とやりとりをするのは怒る沙織。いや、得体の知れない女性とやりとりしているのが腹立たしいだけなのか……(沙織にもいろいろと事情がありそうですが、この辺りはhuluのオリジナルストーリーで描かれるようですね)。

彼氏のスマホチェックは女性の中でも意見が分かれるところ。たまたま居合わせた美々は「えっ? スマホ見んの?」と驚いていますし。もはや恋のスタンダードが分かりません。そもそも恋にスタンダードなどないのか……。スタンダードってなんだっけ。

 

小さな衝突を繰り返していた2人ですが、結局別れを選ぶことに。

「結婚を前提に付き合おうと言われたのがピークだった。そこにはもう戻れないよ」
「青ちゃんと寝たかったなー。それだけが心残り」

嘘か真か、体が目当てだったと言われた別れ際。一生懸命考えて、悩んでいたのに不憫……。

 

「分かりあえなくてもそれでも好きでいられるかどうか」と富近先生が言っていましたが、片方だけが好きなままではダメなんですよね。

そして、別れによってぽっかりと空いた穴を沙織はすぐに埋めることができそうなのも悲しいところ……。青林……本当に切ない。

 

 

そして美々は? 五文字は?

「なんか分かんないけど青林だけはイヤ」、そんなことを言っていた美々。

でも、やっぱり『檸檬』とのやりとりは楽しいんですよね。完全に恋している表情になっています。

青林も『草モチ』の正体に勘づきかけますが、必死に否定をする美々。今の状況でお互いの素性が分かってしまったら、きっと『草モチ』と『檸檬』としてのやりとりは終わってしまいます。「青林だけはイヤ」と言ったけれど、やっぱり美々にとって『檸檬』は大事な存在なのです。

さて、そうなってくると気になるのが五文字です。

青林は美々に「五文字の見る目は間違っていなかった、五文字のことをよろしくお願いします」なんてあっけらかんと言っていますが、今後どうなるか分かりません。

自分が『檸檬』だと嘘をついていたのはよくありませんが、自分から嘘をついていたと謝罪をしていますし、悪い人じゃないんですよね……。

青林とも仲が良いですし、もし、美々と青林がうまくいったら五文字がどれほど落ち込むか……と少し心配になってしまいます。

 

 

どうなる第5話!?

どうしても青林のことが気になるようになってしまった美々。

そんな中、朝鳴の子どもを富近たちと美々の家で預かることになりますが、来るはずだった五文字の代わりに青林が訪ねてきて……。

美々と青林が急接近の予感? 次回も見逃せません!

 

 

見逃し配信サービスも!

第4話を見逃したという方は、民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』および『日テレ無料TADA!』で11月11日(水)21:59まで無料で配信。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『日テレ無料TADA!』

『hulu』

 

過去放送分もチェック

『#リモラブ』第1話あらすじ

 

『#リモラブ』第2話あらすじ

 

『#リモラブ』第3話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ