神山健治の新作長編アニメ、2022年放送決定 青春社会派クライムアドベンチャー

クランクイン!

 『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』など数々の名作を手掛けた神山健治が、WOWOWの開局30周年記念番組として2022年に放送予定のオリジナル長編アニメを手掛けることが決定した。

これまで『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』『009 RE:CYBORG』を手掛けてきた神山。映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』では初の劇場版オリジナルストーリーでの原作・脚本・監督を務め、『ULTRAMAN』『攻殻機動隊 SAC_2045』ではフル3D作品を荒牧伸志氏と共同監督で制作するなど、数々の名作を世に送り出した。緻密に作り込まれたシナリオや、新しいテクノロジーを取り入れたリアルなアニメーションにより日本アニメ界を牽引し、第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞をはじめ幾多の賞も受賞している。

そんな神山が、2021年4月に開局30周年を迎えるWOWOWとタッグを組む。オリジナルアニメで監督・脚本を担当し、自らが代表取締役共同CEOを務めるクラフターがアニメーション制作を務める。現在執筆中のためタイトルは未発表だが、内容は青春社会派クライムアドベンチャーとなる予定。

神山は、「長年温めてきた構想や、これまでの歩みの中で出会った風景、そして人々の生活に大きな変化をもたらした2020年。そのあらゆる経験をもとに、新しく生まれてくるアイデアを大切にしながら、現在脚本を執筆してます」と語り、「これから本格的な制作期間にはいります。信頼するスタッフの皆さんと思いを共有しながら、さらにアイデアを練り上げていきます」とコメントしている。

神山健治が監督・脚本を担当するWOWOW開局30周年記念オリジナルアニメは、2022年放送予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ