ドイツのアンダーグラウンド/オルタナティヴな音楽シーンの「今」を紹介するインディペンデントマガジン 『RISIKO(リジコ)』

NeoL



ドイツのアンダーグラウンド/オルタナティヴな音楽シーンの「今」を紹介するインディペンデントマガジン『RISIKO(リジコ)』が刊行。クラウトロック 、ノイエ・ドイチェ・ヴェレ、ハンブルガー・シューレ、そして現在まで紐解いていく。記念すべき創刊号リリースに向けて、11月2日(月)~29日(日)までの期間、日独でクラウドファンディングキャンペーンを実施。KICKSTARTER(JP):https://www.kickstarter.com/projects/risikomagazine/support-risiko-magazine-risiko

「WALL(壁)」をテーマとした創刊号では、ドイツ在住の新旧ミュージシャン30組をピックアップ。CANのダモ鈴木、NEU!のミヒャエル・ローター、DAFのロバート・ゴール、 アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのアレクサンダー・ハッケといった大御所ミュージシャンから、2019年に初来日を果たしたアイソレーション・ベルリンなど現行の若手バンドまで参加している。

<参加ミュージシャン>Damo Suzuki (CAN)・Michael Rother (NEU!)・Moritz R (Der Plan)・Robert Görl (DAF)・Frank Z (Abwärts)・Gudrun Gut (Malaria!)・Östro 430・Alexander Hacke (Einstürzende Neubauten)・Thomas Fehlmann (Palais Schaumburg)・Wolfgang Müller (Die Tödliche Doris) ・Andreas Dorau・Frank Spilker (Die Sterne)・Stereo Total・Jan Müller (Tocotronic)・King Khan・Melissa E. Logan (Chicks on Speed)・Chuckamuck・Jaakko Eino Kalevi・Mary Ocher・Eastie Ro!s・Camera・Erregung Öffentlicher Erregung・Fenster・Isolation Berlin・Friends Of Gas・Kyotaro Miula (Minami Deutsch)・International Music・GYM Tonic・Swutscher・Jealous

ほかダモ鈴木の雑談インタビューをはじめ、ジョイ・ディヴィジョンや電気グルーヴの盟友マーク・リーダーやディー・テートリッヒェ・ドーリスのヴォルフガング・ミュラーによる『Risiko bar』での思い出を綴った寄稿文も掲載。連載記事として、ジャパニーズ・クラウトロック・バンド、南ドイツのフロントマンであるKyotaro Miulaの映画コラムや、オスカ・ワルド(チャカマック)とコニー・プランクトン(トーイングス)による文通コミックも展開予定だ。集まった支援金は創刊号の制作費などへ回されるほか、支援者にはオリジナルトートバッグやTシャツなど支援金額ごとのリターンが用意されている。創刊号は12月にドイツ、1月に日本でリリース予定だ。<INFORMATION>タイトル:「Support RISIKO magazine」期間:~2020年11月29日(日)URL:https://www.kickstarter.com/projects/risikomagazine/support-risiko-magazine-risiko

発行:年2回判型:W182mm × H257mm頁数:50 ページ(TBA)言語:日英バイリンガル

RISIKO magazineクラウトロック、ノイエ・ドイチェ・ヴェレ、ハンブルガー・シューレ、 そして現在まで。ドイツのアンダーグラウンド/オルタナティヴな 音楽シーンの「今」を紹介するインディペンデントマガジン。 https://www.instagram.com/risikomagazine/











当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ