犬アレルギーを克服したショーン・メンデス、キュートな子犬の“パパ”に

人気シンガーのショーン・メンデスが、このほど新たに子犬を飼い始めたことをファンに報告した。ショーンのInstagramには“ターザン”と名付けられた子犬が室内をウロウロしたり、交際中の恋人カミラ・カベロに抱っこされる様子を収めた動画が公開されており、そのキュートな姿に「かわいい」「ターザンになりたい!」とファンから多数のコメントが寄せられた。

昨年6月に楽曲『Señorita(セニョリータ)』でコラボしたカナダ出身の人気シンガー、ショーン・メンデスとキューバ出身の歌姫カミラ・カベロ。「セクシーすぎる!」と話題をさらった同曲のMVは、公開からわずか10か月でYouTubeの動画再生回数10億回の記録を達成、2人のホットな関係はプライベートでも進行中だ。

そんな2人は現在、カミラの自宅があるフロリダ州マイアミで過ごしている。3月のパンデミック宣言直後には「世界中の人達を笑顔にしたい」と自宅庭からそろってミニライブを配信したり、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが白人警察官に殺害された事件の後には、“Black Lives Matter”と書かれたプラカードを掲げながら2人が大勢の参加者とともにマイアミのストリートを行進する姿が地元メディアにキャッチされた。

昨年の『Señorita』リリース当時は「楽曲プロモーションの一環か?」「どうせ長続きはしないだろう」と2人の関係に懐疑的な印象を抱いた人も少なくなかったが、あれから1年以上が経過した今も2人は順調な交際を続けており、このほどそれを裏付けるような「新たな変化」が起こった。ショーンがキュートな子犬を家族として迎え入れたのである。

ショーンは米時間3日にInstagramを更新し、子犬の写真をアップ。ハートの絵文字付きで「やぁ、ターザン」とキュートな子犬を紹介した。Instagramにはショーンの運転する車のなかでカミラがターザンを抱っこする姿や、ターザンが室内をウロウロしながらカメラを覗き込む様子が公開されている。新たに加わった家族に夢中のショーンとカミラは、まるで我が子を温かく見守る父親と母親のようだ。

そんな微笑ましい光景にはヘイリー・ビーバーが「OMG!!!!!!!!」とコメントを残しているほか、

「ターザンが超キュート!!」

「ショーンがパパでカミラがママなんて! ターザンが羨ましすぎる」

「私のことも家族にして~」

など2万8000件以上のコメントが届いている。

ちなみに愛犬家として知られるカミラは、すでにシーズーの“レオ”、チワワの“ユージーン”、ジャーマンシェパードの“サンダー”と3匹の犬のオーナーである。先月末、マイアミの自宅付近でショーンと3匹を散歩中には、そこを通りがかった他の犬にカミラの3匹が大興奮。彼らをなだめようとリードを引っ張ったり、リードをすり抜けてしまったユージーンやレオを必死に追いかけ回すカミラの姿がのちにTwitterで拡散され、ちょっとした話題になったばかりだった。

一方のショーンはかつて大の犬アレルギーであることを公言していたため彼を心配するファンも見られたが、これに関してショーンは昨年夏に「どういうわけか、もう犬アレルギーじゃなくなったんだ!」と犬アレルギーを克服したことを明かしている。

そのうちショーン&カミラがSNSを通じて、4匹の犬に囲まれたにぎやかな姿を公開してくれる日も近そうである。



画像1~3枚目は『camila 2020年5月23日付Instagram』『Shawn Mendes 2020年11月3日付Instagram「Hi Tarzan」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ