神山健治の新作長編アニメは青春社会派クライムアドベンチャー WOWOWで2022年放送、監督のコメントが到着

SPICE


WOWOW開局30周年を記念したオリジナルアニメとして、神山健治書き下ろしによる新作長編アニメの放送が決定した。放送は2022年の予定。

『攻殻機動隊 S.A.C.』や『東のエデン』など、緻密に作り込まれたシナリオや新しいテクノロジーを取り入れたリアルなアニメーションで日本アニメ界を牽引してきた神山健治。新作は現在執筆中のためタイトルはまだ未発表だが、青春社会派クライムアドベンチャー作品となる予定とのこと。

さらに、 監督から今回の企画へのコメントも到着した。

【コメント】神山健治 監督


長年温めてきた構想や、これまでの歩みの中で出会った風景、そして人々の生活に大きな変化をもたらした2020年。そのあらゆる経験をもとに、新しく生まれてくるアイデアを大切にしながら、現在脚本を執筆してます。これから本格的な制作期間にはいります信頼するスタッフの皆さんと思いを共有しながら、さらにアイデアを練り上げていきます。本作品は、縁あってWOWOWの開局30周年記念番組としてお贈りすることになりました。まだ内容をお伝えすることはできませんが、どんな物語になるのか、ぜひ楽しみにお待ちください。

なお、アニメ制作は3DCGアニメ制作のクラフターが担当する。続報を待とう。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ