森且行、日本選手権で初Vに草なぎ剛が「カッコイイ兄貴です」“元SMAP”の重圧超えつなぐ6人の絆

元SMAPの森且行が11月3日、オートレースのSG第52回日本選手権で初優勝を成した。アイドルからオートレーサーに転向した当初は、従来のファンが殺到するため「元SMAP」の枕詞にナーバスだったという。それからおよそ24年、悲願の日本選手権初Vを果たした森且行に元SMAPメンバーが祝福コメントを寄せており、久しぶりに6人の絆が感じられた。

森且行はオートレーサーの夢を追って、1996年にSMAPを脱退した。それから20年を経てSMAPが2016年12月31日をもって解散。現在は木村拓哉だけがジャニーズ事務所に在籍して活動を続けており、独立した稲垣吾郎香取慎吾草なぎ剛は「新しい地図」として活動、中居正広は個人事務所「のんびりなかい」を設立して活動している。

このたび森且行が優勝カップを手にして涙声で「やっと約束が守れてよかったとおもいます」とコメントしたなかには、SMAPそしてジャニーズ事務所を辞める時の約束という意味も含まれていることだろう。

森の初Vを受けて元SMAPの5人がそれぞれコメントを寄せるなか、草なぎ剛はTwitterで「森君。おめでとうございます なんて言ったら良いか分からない」と安易に表現できないほど感激しつつ、「夢。約束。果たしてくれて、ありがとう! 森君が一番、カッコイイ兄貴です」となんとか言葉にした。

実は2014年7月26日から放送されたフジテレビの特番『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』で、総合司会を務めたSMAPに向けて森且行が書いた手紙が読み上げられた。その手紙で森は草なぎに向けて「剛へ 剛とは帰る方向がいつも一緒で、一番話したかもな」と切り出し、一緒に電車で帰ったことやホームで草なぎに得意のバク宙をやらせたりした思い出を綴っていた。

SMAPのなかで年少の草なぎ剛と香取慎吾は“弟”的な立ち位置にあったが、特に草なぎは森且行とのそのような経験が忘れられず、今回のツイートで「森君が一番、カッコイイ兄貴です」という言葉になったのかもしれない。

3日放送のテレビ朝日『報道ステーション』は、スポーツコーナーを森且行の日本選手権・初Vのニュースからスタートした。「こちらは元SMAPの森且行選手です」と写真を紹介して優勝戦での激走を映したが、スポーツニュースでオートレースの様子を流すことは珍しく「元SMAP・森且行選手」の注目度の高さがうかがわれた。

ただオートレースファンのなかには「元SMAP」という肩書に「一流オートレーサーをいつまでアイドル扱いするのか」と違和感を覚える人もおり、森且行がその肩書を背負う重圧に耐えながら戦わねばならなかったことを思うと胸が痛む。

オートレースの世界に入った森且行は、レーシングドライバーとしてレース界の先輩でもある近藤真彦「マッチさん、もっとメジャーになるにはどうやったらいいですかね?」と相談したこともあったという。

またオートレーサーとなって間もない1996年8月、森且行は選手養成所で練習走行中にフェンスに激突して左股関節を脱臼骨折する重傷を負った。活躍しだしてからもレース中に落車する事故が何度かあり、他にも人知れぬ苦労があっただろう。

そんな森且行が初Vを果たしたことにより、元SMAPメンバーのベクトルが同じ方を向いた感さえあった。ファンにとっては「森君」を中心に6人の絆がつながったように思えたのではないか。

ちなみに『SMAP×SMAP』で度々「森君」の話題を口にしていた中居正広は、一部スポーツ紙によると所属事務所を通じて「森~っ! おめでとう! やったなぁ。長かったなぁ。大きなけがもしたなぁ。諦めなくてよかったなぁ」とコメントを寄せたという。

画像2枚目は『香取慎吾 2020年11月3日付Instagram「森くんからまた涙を貰いました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ