プチプラで超優秀!カピカピ砂漠40女を救うアンダー2,000円の名品3選

OTONA SALONE



湿度が下がり、北風がピューピューと吹く頃になると、どうしても気になるのは髪や肌の乾燥です。40代はただでさえ、乾きやすさを感じる人も多いだけに、対策を強化するに越したことはありません。

プチプラでも優秀なコスメが手元にあると、コスパよくお手入れが続けられますよね。そこで、時短美容家の私、並木まきが“アンダー2,000円”に絞って、40代女性にも自信をもっておすすめできる乾燥対策の名品を3選ご紹介します。

1:SALON OF EDEN(サロン・オブ・エデン) マルチオイル




ヘアオイルとしてだけでなく、顔や手など、好きな場所に使えるマルチなオイルです。実際に私が使ってみたところ、ベタつきはほとんど感じないのに、ウェットな質感になり、髪のツヤ出しに使いやすことにくわえ、ちょっとした白髪であればフォローできてしまう点が優秀。1,540円(税込・筆者調べ)と、2,000円でお釣りがくる価格ながら、上質な使用感です。

オイルにしては珍しく、シャンプー前の頭皮クレンジングとしても使用可能なのが特長なので、フケの原因にもなりがちなカサつきが気になっている頭皮に集中ケアアイテムとしても使えます。

コンパクトなボトルですが、持ち歩き用と言うよりは、どちらかと言えばおうちケアにおすすめ。秋の夜長に、じんわりと全身ケアをする時間にぜひ使ってみては。

2:ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス(バーム)




以前の私の連載でもすでにご紹介しているこちらの「ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス(バーム)」は、これひとつでヘアスタイリングからハンド・ネイルマッサージ、リップトリートメントなど5役に使えるマルチなアイテム。

過去にご紹介してからも使い続けている私の感想としては、保湿力がとにかく高く、直径5センチのコンパクトなボトルは、持ち運びにも便利。バームなので、バッグの中で中身がこぼれる心配もなく快適です。

髪にも顔にもボディにも使えることから、外出先で乾きを感じたシーンで、メイクの上からでも重ねて使っています。ほんのりと香るアロマにも癒され、ヘアケアでは毛先につけると、ほどよい重みが出るので時短でお直しができています。

1,848円(税込・筆者調べ)とプチプラながら、デパコス級の使い心地だと思います。

3:メイクミーハッピー ハンドクリーム




40代女性にもファンが多い「キャンメイク」ブランドの「メイクミーハッピー 」からこの秋に限定発売されたハンドクリームは、550円(税込・筆者調べ)とスーパープチプラながら、上質なアロマが特長。

「香りを楽しむハンドクリーム」と謳っている通り、少量を伸ばすだけでもふわっとさりげない香りが持続するので、香水だとキツいと感じる場面でも、エチケットの範囲内で使いやすいと思います。

白い花束をイメージした柔らかい香りの「WHITE/ホワイト」(ホワイトピーチ、グリーンアップル/ローズ、ジャスミン/ムスク、アンバー)、みずみずしく透明感のある香りの「BLUE/ブルー」(アップル、ペア、アプリコット/シクラメン、ローズ、ジャスミン/サンダルウッド、アンバー、ムスク)、花々と柑橘系フルーツの爽やかな香りの「GREEN/グリーン」(オレンジ、ベルガモット/リリー、ローズ、ジャスミン、ゼラニウム/アンバー、ムスク)の3種があり、気分で使い分けも。

使用感は、とにかくサラサラ。塗った直後に書類やパソコンに触れても、油分が気にならないのは、この価格帯のハンドクリームにしては、かなり優秀です。裏ワザ的な使い方として、毛先に少量を使うと、ふわっと香るフレグランスと、適度な重みによってスタイリングのお直しにも。

プチプラでも、大人が納得して使える名品が増えています。カピカピ肌やガサガサ髪は、オバ見えの原因にもなりますから、これからの季節は、優秀な保湿アイテムを手元に置いて「思い立ったら保湿!」を心がけるのがおすすめです。

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ