吉田羊がまた“年下イケメン”と恋に… 『恋する母たち』にキュン「お似合い」

まいじつ

恋する母たち 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月30日、女優の木村佳乃主演のドラマ『恋する母たち』(TBS系)の第2話が放送された。ネット上では、吉田羊の〝お相手〟に対して、「またかよw」とツッコミの声が上がっている。

ドラマの原作は、漫画家・柴門ふみ氏による同名の人気作品。主人公・石渡杏(木村)は、旅行代理店で働く夫と1人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪し生活が一変。その後、息子をシングルマザーとして育て、有名進学高校に入学させたという役どころだ。杏は、家庭がうまくいっていない2人のワケあり妻、蒲原まり(仲里依紗)、林優子(吉田羊)に出会って…というストーリー。

第2話では、優子の〝恋の予感〟が描かれた。優子は売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養うキャリアウーマン。シゲオは優しくて家事もしてくれるが甲斐性ナシ、大介は優子に冷たくシゲオにだけ懐いていることから、優子は家庭が息苦しく思い、職場に居場所を感じている。

そんなある日、停電で会社のエレベーターの中に閉じ込められ、部下の赤坂剛(磯村勇斗)と2人きりに。これをきっかけに、赤坂は優子に好意を抱き、猛烈アプローチを始める。ホテルに誘ったり職場で壁ドンしたりと、なりふり構わずグイグイ。優子は困惑し、「やめなさい」と注意をしたが、それからというもの、なぜか赤坂を目で追ってしまうなど、意識をし始めるのだった。

多くの既婚女性たちに“夢と希望”を与える吉田羊


この回の終盤、部下の女性社員と京都へ出張に行く予定だった優子のもとに、赤坂が現れる。何でも女性社員が転んで足を骨折してしまったらしく、赤坂がピンチヒッターとしてきたというのだ。次回予告映像では、優子がシャワーを浴びているときに、「もう我慢できない」と乱入する赤坂の姿が描かれていた。

吉田羊と磯村勇斗という、年の離れた2人のラブストーリーに、ネット上では、

《羊さんはいつも年下くんと恋愛みたいなのしてるな。実生活もそうだったけれどw》
《年下イケメンに誘われる羊…》
《なんで吉田羊って年下と似合うんだろう》
《吉田羊って年下部下にモテる役多いね》

など、また吉田が年下と恋愛しているとツッコミの声が上がっている。

「2018年10月期のドラマ『中学聖日記』(TBS系)で吉田は、11歳下の部下と恋愛に発展し、キスシーンも披露していました。さらに私生活では、16年に20歳以上も離れている『Hey!Say!JUMP』中島裕翔と熱愛報道があったため、いつも年下と恋愛しているというイメージがあるのでしょう」(芸能記者)

嫉妬からか、アンチの多い吉田だが、今回は純粋に「こんなシチュエーション憧れる」「妄想が止まらない」と羨望のまなざしを向けられている。どうやら多くの既婚女性たちに、夢と希望を与えているようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ