ショーン・コネリー妻、夫は「眠るように亡くなった」「ゴージャスで男性の模範だった」

映画『007』シリーズで初代ジェームズ・ボンドを演じた俳優ショーン・コネリーが、90歳で他界した。バハマ諸島の自宅でコネリーの最期を看取った妻ミシュリーヌさん(91)は、夫の最期の瞬間や45年連れ添ったショーンへの愛を語った。『Daily Mail Online』が報じている。

英『BBC News』は現地時間10月31日、ショーン・コネリーが亡くなったことを家族が発表したと伝えた。90歳だった。バハマ諸島の自宅で家族見守られる中、就寝中に静かに息を引き取ったという。妻のミシュリーヌさんは、のちに夫が認知症を患っていたことや最期の瞬間について明かした。

ショーンは1962年に女優ダイアン・シレントと結婚、現在は俳優として活躍するジェイソン・コネリーが1963年に誕生するも、1973年に離婚した。そして1975年、モロッコ系フランス人の画家ミシュリーヌ・ルクブルンさん(Micheline Roquebrune)と再婚した。ミシュリーヌさんとショーンは、1970年にゴルフトーナメントで出会ったという。

夫婦として45年間連れ添ったミシュリーヌさんは、夫ショーンの最近の健康状態や最期の瞬間について『Daily Mail Online』にこのように語っている。

「彼は人生を楽しんでいるとは言えなかった。最後の方で彼は自分自身を表現することもできなかったのです。少なくとも彼は眠るように亡くなりました。とても穏やかでした。」

「私は夫とずっと一緒にいたのに、彼は逝ってしまった。でもそれが彼の望みだったのです。認知症を患っていたこともあり、騒ぎ立てることなくひっそりと逝くことが彼の最後の願いだったのです。」

「夫はゴージャスで、私達は一緒に素晴らしい人生を歩みました。彼は男性の模範でした。彼がいないと大変なことになるのは分かっています。でもそんなことが永遠に続くことなんてできません。彼は安らかに旅立ったのです。」

ショーンは1930年に英スコットランドの首都エディンバラで誕生した。13歳で牛乳配達員として働き始め、16歳でイギリス海軍に従事するも健康上の都合で除隊、その後は肉体労働や美術学校のモデルなどで生計を立てた。ボディビルで鍛えたショーンは身長188cmの体躯を生かして、1953年にロンドンで開催した「ミスター・ユニバース・コンテスト」の長身部門で3位を受賞。この時、ミュージカルの監督からスカウトされ、ロンドンのウエストエンド・ミュージカル『南太平洋』のコーラスとして舞台デビューした。

俳優の道を選んだショーンはテレビや映画でキャリアを積み、1962年公開の『007ドクター・ノオ』の初代ジェームズ・ボンド役に抜擢された。その後『007 ロシアより愛をこめて』(1963年)、『007 ゴールドフィンガー』(1964年)、『007 サンダーボール作戦』(1965年)、『007は二度死ぬ』(1967年)、『007 ダイヤモンドは永遠に』(1971年)、『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983年)の計7作でボンド役を演じた。

1988年には映画『アンタッチャブル』(1987年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞、『薔薇の名前』(1986年)、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989年)、『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)などの大ヒット作に出演した。

2000年には英エリザベス女王からナイトの称号を授与、2006年にアメリカ映画協会から生涯功労賞を受賞した際、俳優業引退を表明した。2017年以降は健康上の理由により、公の場に姿を現していなかった。なお現時点で、死亡した日時や詳しい死因については公表されていない。

画像3~6枚目は『James Bond 007 2020年10月31日付Instagram「Sir Sean Connery has died at the age of 90.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ