伊藤健太郎の逮捕で映画プロデューサーにかかった負担「プロデューサーの一番の仕事は謝罪」

wezzy


 俳優の伊藤健太郎さんが10月28日に交通事故を起こし、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で29日に逮捕されました。渋谷区の路上で自家用車を運転中、Uターンしようとして直進してきた二人乗りのバイクをはねた伊藤容疑者は、そのまま逃走。追いかけた後続車のドライバーに説得されて事故現場へ戻ったとのことです。

菅田将暉さんや仲野大賀さんなど実力派俳優が豊富な若い世代において、伊藤さんは多くの作品で引っ張りだこでした。公開待機中の出演作や撮影中の作品もある中での逮捕に、業界内部は混乱しています。

_____

皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

仲良しさんがプロデュースしている映画『とんかつDJアゲ太郎』の公開が翌日に迫った10月29日の午前中のこと。朝からよくLINEが届くなぁと思って見てみると、「俳優´伊藤健太郎容疑者´がひき逃げの疑いで逮捕」の文字が。

えーーーっと驚いて飛び起きたんだけど、被害者となったお二人は病院に搬送されて、女性は足を骨折という重傷を負っているということもあって心配は増すばかり。

次に頭に浮かんだのは「明日からの映画は無事に公開されるのか?」問題で、朝から取材に動いていた週刊誌の記者に連絡を取ったところ、「せめて逃げなければ……」とガックリよ。

「事故を起こしてパニックを起こしてしまった気持ちは分かるけど、やっぱり現場から逃走してしまったのは心証が悪い。映画公開日直前という思いがあって逃げたくなっちゃったんだろうけど、説得されて戻ってきた時の態度が悪かったという証言が目撃者からあがってきちゃったり。自らすぐに警察を呼んで対処していればまた印象が全然違っていたんだろうけど、なかなか厳しい状況だね。同乗者がいたかどうかも探ってる」

映画は予定通り10月30日から公開されることになってホッとしたんだけど、大きなミソがついちゃった感は否めないかもね。まぁ映画『とんかつDJアゲ太郎』のことを全く知らなかった人たちにはある意味、印象に残って興味を引くことになったかもしれないけど、こんなネガティブなニュースで話題を振りまくのも残念よね。

伊藤くんは売れっ子でCMを多数抱え、これから公開される映画や舞台も目白押し。さらに心機一転、事務所をモデル時代のところに再移籍したとたんの出来事だったから、現場は大混乱だったそうなの。
10代の頃から切磋琢磨してきた北村匠海と伊藤健太郎
 映画『とんかつDJアゲ太郎』は北村匠海くんの主演作。とんかつ屋の跡取り息子・アゲ太郎がとんかつもフロアもあげていく´とんかつDJ´になるべく奮闘する抱腹絶倒コメディー。伊藤くんが演じるのはアゲ太郎のライバル的存在で、社長業をこなしながらも華麗なDJプレイを見せつける屋敷というクールな男。

伊藤くんと匠海くんは10代の頃から切磋琢磨してやってきた仲で、劇中での二人のDJシーンは「演じていて泣きそうになったぐらい感激した」とコメントしていたぐらい、匠海くん同様、伊藤くんにもいっぱいの思い入れがあったと思うの。

ヒロイン役は山本舞香ちゃんで、伊藤くんと舞香ちゃんの熱愛が報じられたりしてほっこり感もあったし、アツも初日の舞台挨拶が終わったら美味しいとんかつを食べに行って、それからMプロデューサーに連絡しようなんて呑気に考えていた矢先にこんなアクシデントが。全く何ということでしょう。

だって、コロナ禍で公開がかなり延期されてしまってドタバタしたうえ、出演者の伊勢谷友介さんのまさかの逮捕劇が起こり、ようやくコトが収まりかけていざ公開日が来るぞ~! という直前になって伊藤くんが事故を起こしてしまうなんて。一難去ってまた一難を何度も繰り返しての晴れての公開だったのに。一体どんな試練を与えられているのかしら?

Twitterなどの発言も話題になる同映画の製作担当・Mプロデューサーは、元は日本テレビでドラマを作っていて、フジテレビへ移籍したアゲアゲ熱量の気鋭のプロデューサー。日テレ時代は松浦亜弥ちゃん主演のドラマ『愛情イッポン!』や、志田未来ちゃん&三浦春馬くん主演の問題作『14才の母』などを手掛けた人なの。春馬くんの突然の旅立ちに慟哭したばかりだったのに、またこんなことが起きるなんて。

「三冠王や四冠王はとれるのにドラマだけはダメ。全く視聴率が取れない」と言われている日テレで2005年、松嶋菜々子さん主演のスペシャルドラマ『火垂るの墓』を作って21%超えをして驚かれたり、数々の伝説を作ってきた才能溢れるプロデューサーのMさん。あ、そういえばもう時効だから言っちゃうけど、張り切って『火垂るの墓』の巨大ポスターを作ったのに、出来上がってきてからとんでもない誤字が見つかったことでお蔵入りになっちゃって、彼のデスクの周りに立てかけられてたっけ。

『火垂るの墓』の当時、松嶋さんサイドからは「日テレのドラマ? ご冗談を。それに生田スタジオの食堂に難あり」とのご指摘があって、けんもほろろにお断りされちゃったんだけど、それを誠意と熱意で説得して、大人気女優・松嶋菜々子さんを獲得してきたその手腕たるや。2011年の『家政婦のミタ』大ヒットにもつながる功績とも言えるわよね。

まぁ、こう書くと何となくテレビ局のオラオラ系プロデューサーをイメージしちゃうかもしれないけど、Mさんって全く違うのよ。もう誠実が服を着て歩いているような心優しい人で、そんじょそこらにいるチャラいプロデューサーとは雲泥の差。局内をめずらしくスーツ姿で歩いているなと思って声をかけると、だいたい虎屋の羊羹を持っていて神妙な顔で「うん、ちょっと謝罪に行ってくる」って言ってて。謝罪の定番手土産である虎屋の羊羹と切腹最中を持つ姿をチョイチョイ見かけたっけなぁ(笑)。

プロデューサーの一番の仕事は「何かあった時に謝罪すること」
 そんなMプロデューサーは2008年、先輩のWプロデューサーが先に転職したこともあってフジテレビへと。そういえばWプロデューサーは話題の映画『翔んで埼玉』を作った人なのよ。日テレであれこれとアクシデントを起こしつつもその人柄故に愛されて、フジへと転職したのだけど、やはり伊勢谷友介さんの事件でガックリうなだれちゃった一人ね。W先輩同様、Mプロデューサーも伊勢谷さんに振り回されたクチだけど、ここに来てまさかのメガトンパンチ。伊藤くんまでやってくれるとは。

日テレの元同僚プロデューサーたちは同情しつつ、こう言ってたわ。

「ちょっと見は華やかに見える世界だけど、プロデューサーの一番の仕事は何かあった時に謝罪することだからね。俳優が起こしたことだろうとなんだろうと、自分に責任はなくても、とにかく最初に謝るのがプロデューサーの役目。それが出来なければ何の役にも立たない。

キャスティングだ、ギャラ交渉だと、そりゃやることはいろいろあるよ。でも何より大事なのは、トラブルが起きた時に責任を持って関係各所に謝罪して、素早く問題を丸く収めるよう計らうこと。

プライド? いやそんなの邪魔になるだけだよ。作品にはプライドを持っていいと思うけど、そのプライドを保つために謝って回ることも大切な行い。プロデューサーは´一番偉い人´みたいな言われ方をするけど止めて欲しいよ。とにかく、すぐに頭を下げられるぐらいの覚悟がないとプロデューサーなんてやってらんねーよ」

事と次第によっては「土下座もいとわない」とまで言うんだもの。心の中でコッソリ「ヤダ、まるで『半沢直樹』みた~い」なんて思いながら聞いてたアツを許してね。

まぁ、こんなトラブルは「言い過ぎだけど、ある意味では日常茶飯事でもあるから、Mもこんなことでへこたれるわけないよ。奴もまだまだ沢山の映画を抱えているしね」と元同僚プロデューサーたちは陰ながらエールを送っていたわ。

そうよね、Mプロデューサーはこれから浜辺美波ちゃん主演の『約束のネバーランド』が12月18日に公開されるし、その他にも新作映画を撮り終えたばかりだし、こんなところで立ち止まってる場合じゃないだろうしね。今までだって様々な問題をクリアーしてきたんだから大丈夫かな。

フジテレビに移籍して、日テレでは絶対に関われなかった織田裕二さんと仕事をして、熱い議論を交わした日々。同じく日テレ時代には全く交流のなかった木村拓哉さんとドラマを作ることになって、初日にギロリと木村さんに睨まれてビビってた時も、ひるまずに踏みとどまったもんね。

木村さんの´初回の凄みのある睨み´はいわば踏み絵みたいなもので、もしもあれで耐えられなかったら評価ダダ下がりだったと思うし、今まで本当に数多くのいろんな試練に立ち向かっていったじゃない?  そりゃ番宣で『とんかつDJアゲ太郎』メンバー総出演であっちこっちの番組に出まくり。忙しい中でみんなよく頑張ってたし、と言って伊藤くんは舞香ちゃんとの熱愛報道を意識してか、宣伝部隊としては控えめだったけど。

でもそれらの努力が全て泡となっちゃうわけではないし、番宣としてやれるべきことはやったんだし、他の出演者の人たちに罪はないしね。みんな胸を張って堂々と舞台挨拶をして欲しいな。ホント、作品にも罪はないんだから。

次から次へと湯水のようにやりたいことが湧き上がってくるあの揺るぎない熱意、人を突き動かしていく真っ直ぐな情熱、キラキラな少年のようなまっさらな気持ちを常に忘れないMプロデューサー。バカ話しかしてないしいつもは言えないんだけど、これでもそっと応援しているつもり。よく聞く言葉で、亀梨和也くんからアツも言われたばかりなんだけど「神様は越えられない試練は与えない」らしいから、今回のパンチあるこの試練もガツンと受け止めて、その上でしっかり乗り越えていきましょ。少し経てばきっと笑い話になるはずだから。試練は必ず明日の力になる!  そう信じてアゲテアゲテいきましょう。さぁアゲアゲ&アツアツのとんかつを食べて体力つけて、心身ともにぶち上げていきますよ~。映画館にLET'S GOです!

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ