V6長野博「どうなっちゃうんだろう」 2年半の空白とデビューまでの道のり

fumumu


ジャニーズ事務所

31日放送の『人生最高レストラン』 (TBSテレビ系)に、V6の長野博さんが出演。23歳でデビューするまでの紆余曲折のアイドル人生と、その復活後の生活について語り、反響を集めています。

■高2のときジャニーズを辞めた過去


1986年にジャニーズ事務所に入所するも、高2のときにいったんジャニーズを辞めているという長野さん。毎週のレッスンがなくなり、事務所の人と接する機会もなくなったことから2年半フェードアウト。そのまま事務所と一切連絡を取らなくなったのだとか。

MCのお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次さんの「俺はもうアイドル辞めたんだ、という感覚だった?」という問いかけに「その感覚だったので、専門学校に進学して通っていました」と答えました。

関連記事:ジャニー喜多川に「YOU殺すぞ!」と怒られたジャニーズ達 その原因に爆笑

■復帰後は付き人も


専門学校の1年生だった頃、2年半ぶりにジャニー喜多川さんから自宅に電話があり「You何やってるの?」「今度の日曜日レッスンあるから来ちゃいなよ」とレッスンの誘いが。

そこで「まだYou踊れるね、じゃあ大丈夫だ」と、ジャニーさんからの連絡がきっかけで…復活することになったと経緯を説明しました。

この話に加藤さんの「その2年半ってなんだったんですかね…熟成肉的な?」との問いかけに「いい熟成になったか分からないんですけど…」と笑いながら答え、「それでも3年はまた寝かされていました」と、フェードアウトはしていないものの無収入だったことを告白。

飲食店でアルバイトとして働き、その後は少年隊・植草克秀さんの付き人をしていたことを語りました。

■V6の「アダルトチーム」として


この時のことを「その年齢でデビューという前例がほとんどなかった。今でこそ後輩たちは(遅くデビューすることが)あるんですけど、なかったんで…」「どうなっちゃうんだろうなという思いのなかでずっとやってきた」と当時の不安を振り返りました。

また、専門学生のことには就職か芸能活動かどちらを取るか葛藤があったのだそう。ジャニー喜多川さんにも「オレ、就職活動があるから」と言ったといいますが「今度こういうのあるから…出ちゃいなよ」と諭され、「芸能活動に引っ張られた」と回想。

そして、23歳のときに「やっとデビューできた」と遅咲きのデビューまでの道のりを改めて振り返りました。

■長野さんの努力にファンの感謝が…


長野さんの苦労人エピソードには「長野くん諦めないでくれてありがとう」「大変な思いをしても、完全に芸能界から離れずに努力を続けてくれた長野くんへの感謝の気持ちが溢れた」と、長野さんへの感謝コメントが相次ぎました。

また「ジャニーさん、長野くんをV6に入れて下さり、感謝申し上げます」と、ジャニー喜多川さんへのコメントも寄せられています。

今後のV6としての抱負を聞かれ「みんな元気に仕事ができれば、それが一番です」と語った長野さん。まずますの活躍が期待されますね。

・合わせて読みたい→ジャニー喜多川に「YOU殺すぞ!」と怒られたジャニーズ達 その原因に爆笑

(文/fumumu編集部・汐入実花)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ