男性が惚れる!? 彼をドキドキさせるための3つのキステク




付き合ったばかりの頃は、手が触れただけでもドキドキしていたものの、時間の経過と共に、いつのまにかキスをしてもエッチをしても何とも思わない状態になっていませんか?
そんな時期に入っている方は、ぜひとも胸がキュンとするような甘いキスをして、そのドキドキ感を蘇らせてみませんか? きっと彼もドキドキしていた頃を思い出すはずですよ。

ロマンティックな雰囲気を狙う

ロマンティックな雰囲気の時に、女子なら「キスされたいな」と思ったりしますよね。そんな雰囲気でキスをされたら胸が高鳴るのは、男性も同じです。
ですからタイミングを見計らって、あなたのほうからしてみてください! 花火を見ている時や夜景を見ている時、彼がうつむいた時や抱きしめた時など、「ステキだな」と感じた瞬間にチュッとしてみましょう。くちびるだけではなく、ほっぺたやおでこなんかでも良いと思いますよ。そんな可愛いキスが増えてゆくと、いつまでもラブラブいられますよね。

帰り際のキス

これはもうお約束ですよね。どこであろうと誰が見ていようと、帰り際のキスはしたほうが良いでしょう。その際には無言であろうと言葉を添えてキスをしようと、どちらでも構いません。
別れ際にキスをされたら、彼のほうもキュンとして帰したくなくなってしまうと思いますよ。別れ際は笑顔でバイバイのほうが良いと思っていた方は、ぜひとも取り入れてみてくださいね。そこで、お互いを見つめ合うキスができれば最高にステキですね。

強引にくちびるを奪ってみる



人目を気にせずされる大胆なキスや、ボーっとしている時に不意打ちでされるキスなど、予測のつかないところでのキスに彼のほうもドキドキします。
この“不意打ち”や“強引”なキスは、女性だけではなく、男性も案外憧れていたりするようなので有効ですよ。女性が壁ドンでキスされてドキッとするように、男性に対しては逃げられないように両手で顔を優しく包み込むっていうのもアリでしょう。
いつも待っているだけではなく、自分から進んでしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
やはり日頃からキスの多いカップルはラブラブな傾向が高く、倦怠期を感じさせません。海外では老夫婦もホームで熱い抱擁を交わしていますが、とってもステキですよね。
彼がキスして来るまで待っているだけでは、いつまでたっても来ないかもしれないので、自分から仕掛けたほうが良いと思いますよ。こうしてキスの回数が増えていけば、彼からも出会った頃のように積極的にキスをしてくるようになるかもしれませんよ。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ