伊藤健太郎逮捕で悪評噴出も加藤浩次は異論「裏では本当にいい子、なぜ…」

wezzy


 俳優・伊藤健太郎容疑者がひき逃げで逮捕され、これをきっかけに「前から態度が悪かった」「天狗だった」「ただのマイルドヤンキー」といった“裏の顔”を暴く報道が相次いでいる。だが、10月30日放送の『スッキリ!』(日本テレビ系)で、番組MCの加藤浩次は「本当にいい子だった」と言い、やるせない思いを述べている。

伊藤容疑者は10月28日夕方、東京都内の道路を自身の運転する乗用車で走行中、バイクと接触する事故を引き起こした。しかし減速することなく(一部報道では加速したとある)そのまま現場から立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された。バイクには男女2人が乗っており、重軽傷を負っている。

伊藤容疑者が現場に戻ったのは、事故を目撃した男性が車で追いかけ、戻るように伊藤容疑者を説得したからだという。警察の調べに対し伊藤容疑者は「気が動転していた。パニックになった」と話しているそうだ。事故の全容が明らかになるにつれ、もはや子どもではないはずの伊藤容疑者の責任感の欠如に呆れ、失望する声が相次いでいる。

2014年の俳優デビュー以来、数々のドラマや映画に出演し、人気急上昇だった伊藤容疑者。特に近年の活躍は目覚ましく、映画『弱虫ペダル』や『今日から俺は‼︎劇場版』など話題の作品に出演し、若手俳優としてトップクラスの高い評価を得ている。

『スッキリ!』では芸能リポーターの井上公造氏が電話で出演し、<2020年一番ブレイクした若手俳優といっても過言ではない。作品数もCM数も多い。これから公開される映画もあるし、舞台も。仕事が押し寄せてる状況>と説明。また井上氏は、伊藤容疑者の性格について<かなり自己主張が強い>と証言した。

冒頭にするしたように、伊藤容疑者はその“性格”もバッシングの的になっている。逮捕される前の伊藤容疑者は好青年のイメージで売り出されていたが、事件を起こすや否や、マスコミは「伊藤容疑者は売れて調子に乗っていた」「撮影現場での態度が酷かった」などといったネガティブな情報を一斉に報道している。

だが、加藤浩次の伊藤容疑者に対する見方は違った。悲痛な面持ちで井上氏の話を聞いていた加藤は<ちょっとずつ事件のことが分かれば分かるほど、なんでだよって。事故になる可能性は(運転する人)全員にある。当たったという認識があるのに、なぜ止まらないの。まずは人命を。自分で事故を事件にしてしまった>と、「なんでだよ」を繰り返した。

続けて、<番組でも(伊藤容疑者と)一緒になっていて、裏では本当にいい子なんだって僕は分かってるんだけど、こういうことをしてしまうと本当に終わってしまう>と、やるせない気持ちを吐露した。

伊藤容疑者の今後はどうなるのか。番組に出演した菊地幸夫弁護士は、被害者の怪我の程度や、現場に戻るまでの経緯などがポイントで、被害者が全治1、2カ月の場合、懲役1年から1年半、執行猶予3年の可能性がある、と説明していた。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ