デヴィッド・ベッカム、Netflixでドキュメンタリー番組制作へ 家族の未公開映像も公開予定

デヴィッド・ベッカム(45)がNetflixと契約を結び、自身の人生を振り返るドキュメンタリーシリーズを制作すると報じられた。契約金は1600万ポンド(約22億円)と言われており、デヴィッドと家族の未公開映像や妻ヴィクトリア(46)とのラブストーリー、子供達への独占インタビューなどが紹介されるという。

英メディア『The Sun』は現地時間29日、デヴィッド・ベッカムがNetflixと1600万ポンド(約22億円)で契約を結び、自らの人生を振り返るドキュメンタリーシリーズを制作すると報じた。

同シリーズではデヴィッドの個人的な写真や、友人や家族、チームメート達による回想などをもとに名声を築いていくデヴィッドの人生を振り返る内容だ。ムービーカメラで撮影した家族の誕生日やクリスマスといったベッカム一家の未公開映像や、妻ヴィクトリア・ベッカムとの交際初期から現在に至るまでのラブストーリーも盛り込まれるという。

『The Sun』の情報筋は、一般の人達にデヴィッドの別の側面を見せるものになると明かし、こう語っている。

「デヴィッドの家族は皆、大量の記録を保存しています。家族はデヴィッドが子供の頃から誇りを持って彼のキャリアを記録してきました。長年にわたり、地元紙の切り抜きや学校の記録、チームの写真などをすべて保管してきたのです。」

「ムービーカメラで撮影した誕生日やクリスマス、記念日の様子や、デヴィッドとヴィクトリアの交際初期の愉快な洞察などもあるのですよ。」

カメラは現在のデヴィッドの姿も追い、デヴィッドが共同オーナーを務める米メジャーリーグサッカーのクラブ「インテル・マイアミ」との関わりや、チャリティや社会活動への取り組みなどについても紹介するという。

このシリーズはデヴィッドが最愛の父テッドさんと庭でサッカーをしている場面から始まり、ベッカム夫妻の長男ブルックリン(21)次男ロメオ(18)三男クルス(15)末っ子ハーパーちゃん(9)への独占インタビューなど、愛する家族の貴重な姿を垣間見ることもできるようだ。

その他、サッカーのイングランド代表を2002年のワールドカップへと導いたギリシャ戦での勝利ゴールなどピッチ上での最高の瞬間から、1998年のアルゼンチン戦での退場といった最悪の場面などデヴィッドの選手時代の歴史的瞬間も振り返る。

さらにファッションリーダーとしても人気を博した、デヴィッドの過去のヘアスタイルやファッションについても紹介されるそうだ。

ほとんどのアーカイブ映像はすでに配信できる状態にあるものの、シリーズが放送されるのは2022年初旬以降になるようだ。同番組はデヴィッドが2019年にデヴィッド・ガードナー氏、二コラ・ハウソン氏との3人で共同設立したメディア会社「スタジオ99」が共同プロデュースしており、現在トップクラスの監督を探しているという。

画像1~4枚目は『David Beckham 2020年9月25日付Instagram「@tudorwatch you’ve done it again, love the new Tudor Royal」、2016年7月4日付Instagram「Wow 17 years ago to this day this happened...」、2020年6月21日付Instagram「Happy Father’s Day dad x love you」、2020年6月21日付Instagram「I’m so lucky and proud to be your daddy x Daddy loves you all so so much」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ