【TikTok週間楽曲ランキング】LiSA「炎」が初の首位 Ayase(YOASOBI)手掛けたTHE BINARY「命が泣いていたんだ」に注目

Billboard JAPAN



ショートムービー・プラットフォーム“TikTok”における再生回数や影響力などを総合的に判断して生成された国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”。2020年10月19日~10月25日を集計期間とした今回は、LiSA「炎」が初の首位を獲得した。

10月12日に配信開始された「炎」は、16日に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の主題歌。当ランキングではリリース日を含んだ前週、6位でトップ20デビューしたが、早くも2週目にしてトップの座に立った形だ。映画は国内歴代最速となる10日間で興行収入100億円を超え、「炎」も11月2日付のBillboard JAPANのストリーミング・チャートで、歴代トップの週間再生回数を記録して1位をマークした。TikTokでは同作の感想からファンアートやコスプレ動画まで、やはり劇場版の大ヒットにまつわる投稿が大半を占めている。



2位に入ったのはBTS「Dynamite」で、4連覇は阻まれたものの、5週連続のトップ3入りを達成。そして3位には、こちらも1ランクダウンとなるReol「第六感」が入った。

当週トップ20デビューを果たしたのは、13位のTHE BINARY「命が泣いていたんだ」、14位のSS501「恋人づくり」、19位のりん「片想月夜」の計3曲。THE BINARYはmidoとあかまるの2人組で、「第三のスキン」と呼ばれる3Dアバターを使いながら、リアルでもバーチャルでもライブを行うユニット。6月にリリースされた1stアルバム『Jiu』にも収録されている「命が泣いていたんだ」は、YOASOBIのAyaseが作詞作曲を手掛けた楽曲で、TikTokでは「〇〇のやり方」をテーマとした動画がミーム化している。



◎トップ20
1位「炎」LiSA
2位「Dynamite」BTS
3位「第六感」Reol
4位「Banana (feat. Shaggy)」Conkarah
5位「「ぴえん」のうた」針スピ子
6位「CHILDAYS」BLOOM VASE
7位「GOOD VIBES ONLY feat. JP THE WAVY, EXILE SHOKICHI」SALU
8位「Boom, Boom, Boom, Boom!!」Vengaboys
9位「New Thang」Redfoo
10位「クラシックメドレー2019」Pianica Magician
11位「きゅんです!」ひらめ
12位「Dolphin」Oh My Girl
13位「命が泣いていたんだ」THE BINARY
14位「恋人づくり」SS501
15位「M to the B」Millie B
16位「How You Like That」BLACKPINK
17位「Make you happy」NiziU
18位「The Banjo Beat, Pt. 1」Ricky Desktop
19位「片想月夜」りん
20位「にんげんっていいな」杉並児童合唱団/(指揮)志水 隆

集計期間:2020年10月19日~10月25日

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ