オタク女子の実態調査!「ダンキラ」を愛するとある女子の物語。アプリ存続を願い、「運営への感謝の気持ちを記した色紙」企画も主催!話を聞くと彼女の幸せが見えました…。

有名声優を起用し、本格的な曲とダンスで人気を集めた『ダンキラ!!!』。

リリースから1年でオンラインサービスが終了した後も、他社とのコラボや新グッズなどの新展開をみせる。そんな『ダンキラ!!!』の“根強い人気”と“ファンの団結力”が注目を集めています。

そこで今回は、リリース前からこの作品に寄り添い続けている、熱狂的クラスタのフリーライター・ハシビロコさんに『ダンキラ!!!』の推し活について徹底取材をしました!

『ダンキラ!!!』にハマったきっかけは?

友人から「今度こんなアプリが出るよ」って教えてもらったのが、最初の出会いです。そのあと偶然、リリース前にお仕事で取材をさせていただきまして。そのときに初めてこの作品に触れました。

とにかくPVのクオリティの高さが圧倒的で!ダンスがテーマのゲームなのですが、CGなのに実写ではないかと思うくらいのなめらかな動きに魅了されたんですよ。

そして一目ぼれに近い形で最推しの目隠れキャラ“霧山おぼろ”くんに出会いました!そこからチーム推しになり、最後には箱推しになり、どんどん沼にハマっていきました!どのキャラもとってもいいんですよぉ~……! 

でも1周年記念用の課金準備をしていたら、その前にまさかのオンラインサービス終了の告知とともに購買部(アイテムショップ)もクローズドになりました……。

サービスが終了しても推しているのですか?

終了してとてもさびしかったのですが、オフラインのアプリとしていまも変わりなく遊べます。さらに、終了してからも新しいグッズの販売や他社とのコラボ、CDまで発売されまして……。「あれ?サービス終了とは!??」とうれしい誤算です(笑)。終了したはずなのに、なぜかメディアミックスの始まりみたいになっていますね。 

コミカライズもCDも、この手のコンテンツにしてはとても安い価格設定で……。みんなに楽しんで欲しいという思いが、サービス終了後も感じられます。運営さんが、作品の一番のファンなのかもしれませんね。それが作品の良さにも反映されているので「変わらず推します!!」という気持ちです。

サービス終了後も全力で推したくなる『ダンキラ!!!』の魅力とは?

 一応ジャンル的には女性向けアプリなのですが、“乙女向け過ぎないところ”ですね。少年漫画のようなハイテンションなノリや笑いがあって、元気をもらえる感じです。もともと甘い展開を見ると恥ずかしくなってしまう性質なので、それが少ないからハマれたのかなと思います。あとサンバ、フラメンコ、インド舞踊

いろいろな国のダンスをテーマにしたり、毎回違うジャンルの曲に挑戦したりしていて、音楽の部分が本格的なところも魅力です。アプリの雰囲気も明るく前向きなので、どんなに疲れている日でも『ダンキラ!!!』にログインしたら忘れられるし、嫌なことがあっても「あ、『ダンキラ!!!』しよ。」と気分転換できます(笑)。もはや『ダンキラ!!!』は人生の栄養そのものなんです!

正直なところ…どれくらい課金しましたか?

『ダンキラ!!!』は、本当に課金要素が少ないんです。ゲームを楽しむだけならぜんぜん課金はいらないし、ガチャの天井設定(必ずレアがでる回数)もほかのアプリより低いです。私もずっと無課金勢だったのですが、とあるイベントで推しの素晴らしい☆5のレアカードが出てしまい……ガチャのために人生で初めて課金をしました!

アプリ内ではそれくらいで、あとはゲームの舞台のモデルとなった横須賀とのコラボに行ったり、グッズやメディアミックスもすべて追いかけて購入していたりするくらいですね。こんなにも取りこぼしがないようにしている作品は、『ダンキラ!!!』が初めてですね。

 

いままでで一番お金を使ったものは?

本当にグッズが安いので……強いて言うなら推しの誕生日カードのために5,000円分ガチャ課金をしたくらいですかね。天井設定が低いので、これくらいでぜんぜん足りるんです。

あとは横須賀コラボの際に、推しのぬいぐるみと宿に泊まって観光しました。「このコラボが成功すれば、次もあるはず!」と信じて、横須賀の経済をブン回してきました(笑)。一度この作戦が成功しているので、今後も頑張ります!

 

 『ダンキラ!!!』と出会ってオタ活に何か変化がありましたか?

 

もともと考察をするのが好きなので、公式設定を掘り下げて紹介する本格的な同人誌を作りました!サービス終了後はより考察に時間をかけ、キャラの誕生日ごとに考察結果をnoteにまとめて公開するなど、精力的にオタ活をするようになりました。

また、存続を願い「運営への感謝の気持ちを記した色紙」企画を主催しました。結果たった2,3日で100人以上の方からメッセージをいただけたんですよ~!もう本当にのめり込みすぎていて、愛と涙のオタ活生活になっています。

ファン界隈の雰囲気はどうですか?

とても平和であったかい界隈です!オタ活経験者のアラサー世代が多いので、大人で良識がある人ばかりなのも、この沼の良さです。仲間内でグッズを交換できるから、ガチャのような獲得にランダム性のあるグッズもお目当てを手に入れやすいですし。『ダンキラ!!!』専用のLINEトークを作って交流したりしています。

無理に課金させない優しい人が作っているからこそ、ゲームだけでなくファンの雰囲気も優しくて元気をもらえます。本当に居心地が良くて、ほかの沼にはもう怖くて行けないですね……。

ファンの仲の良さを表すエピソードがあったら教えてください。

実はコラボルームのある「カラ鉄」に毎月リクエストをみんなで送り続けて、3ヶ月連続首位を獲得しました!それから、同人誌の即売会が軒並みコロナで中止になった時も、有志が同人誌のオンラインイベントを開催して盛り上げていました。とにかくコンテンツを存続させるための団結力がすごいです。

『ダンキラ!!!』の「信じて前に突き進んでいけば、きっと道が開ける」というテーマをファンがリアルに実践しているところが本当に大好きですね。

最後に『ダンキラ!!!』への愛を叫んでください!

推しよ、どうか健やかに生きてくれ!

そして運営さんには、人生を変えてくれたといっても過言じゃない、このコンテンツに出会わせていただいて本当に感謝しかないです。笑わせてもらったり、良い仲間に出会わせてもらったり、『ダンキラ!!!』に出会ってから本当に楽しくて毎日、笑顔でいられます。このご恩を、今後も応援という形で返していきます。

本当に最高なので、もっと多くの方に知ってもらってどんどん沼にハマっていって欲しいですね。いつでもウェルカムですので、ご新規さんのお越しをお待ちしています!

令和は“サービス終了後も成長するコンテンツ”が勝ち!

『ダンキラ!!!』を生き生きと語るハシビロコさんの姿は、お話を聞いているこちらまで幸せな気持ちにしてくれました。これほどまでに1人の大人を夢中にさせる『ダンキラ!!!』の魅力の根底には、ファンから必要以上に出費をさせないという運営側の“優しすぎるほどの誠実な姿勢”があるのでしょう。

「ただ楽しんでもらいたい」という思いがファンの心にしっかりと届き、サービス終了後も新しいコラボや展開が発表されるという奇跡を生み続けています。アプリ戦国時代の今を生き抜くのは、こうした“ファンに深く愛され続けるコンテンツ”なのかもしれませんね。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ