“ディアブロス亜種”の姿を公開!ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャーら共演の実写映画『モンスターハンター』新たな公開日も決定

SPICE


映画『モンスターハンター』が2021年3月26日(金)に日本で劇場公開されることが決定した。あわせて、ポスタービジュアルも解禁されている。

『モンスターハンター』は、2004年に第1作が発売され、シリーズ累計販売本数6,100万本(2020年1月15日現在)を誇る同名ゲームシリーズを実写映画化したもの。「モンハン」として親しまれる同ゲームは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かう“ハンティングアクション”を確立した作品だ。実写映画化でメガホンをとるのは、『モータルコンバット』や、『バイオハザード』シリーズなど、ゲームの実写化で成功を収めてきたポール・W・S・アンダーソン監督。主演には、アンダーソン監督のパートナーでもあるミラ・ジョヴォヴィッチを迎え、『マッハ!』『ワイルド・スピードSKY MISSION』『ドラゴン×マッハ!』などで知られるムエタイ超人トニー・ジャー、『ヘルボーイ』シリーズなどのロン・パールマン、TOHOシネマズ幕間CMや『神さまの言うとおり』で知られる山崎紘菜が出演している。

海外版予告

当初は、2020年9月4日(金)に封切を予定していた本作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、一旦公開が延期に。今回の発表で、新たな公開日が明らかになった。

解禁されたポスタービジュアルでは、原作ゲームにも登場する大剣を担いだアルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と、彼女と共闘してモンスターに挑むハンター(トニー・ジャー)が弓を装備した姿で登場。背後には大型モンスター“ディアブロス亜種”が姿を現している。

また、本作が通常の2D版に加え、IMAX3D、MX4D、4DX、DOLBYCINEMAでも上映されることも発表。詳細は、公式サイトを確認しよう。

『モンスターハンター』は2021年3月26日(金)公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ