Snow Manラウール「ジャニーズは素人」発言で大炎上、BTSを意識? バッシングへの本音も吐露

wezzy


 Snow Manのデビューライブ『Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.』でのラウールの発言が、一部ファンの間で大炎上となっている。

Snow Manは10月22~25日にかけて「Johnny’s net オンライン」にて、デビューライブ『Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.』全9公演を有料生配信した。物議を醸しているのは、23日の18:30から生配信された公演で、メンバーが一人ひとりコメントをした際のラウールの言葉だ。

ラウールは、<Snow Man、ジャニーズ、正直歌もダンスも素人みたいなもんです。そんな僕たちですが、皆さんの応援があってここに立ててます>とファンに感謝の気持ちを述べた。

Snow Manやジャニーズを“歌もダンスも素人みたいなもの”と表現したことに、「ジャニーズタレント全員の前で言える事なの? 他のタレントの事バカにしてない?」「お金取ってる場で素人発言はダメでしょ」「ジャニーさんや先輩方に失礼にあたる」と批判が殺到。

ラウールが“素人”という言葉を使ったのは今回だけではない。「TVnavi」(産経新聞出版)12月号のインタビューでは、デビューライブ配信について触れてファンへの想いを明かしつつ、自身についてこう分析している。

<(ファンの)みんなからもらうばかりで、俺に何ができるんだろう…って考えることがあるんだ>

<俺って所詮、素人なんだよね(笑)。言い方は誤解を招くかもしれないけれど、いろんなアーティストの真似っこなんだと思う。好きなアーティスト、今まで活躍されてきた方の良いところを自分なりに寄せ集めて作り上げている段階でしかないから>

ラウールとしては、今の自分にはオリジナリティが足りておらず、もっともっと頑張らなければならないと戒める意味で“素人”という言葉を選んだようだ。本人も「誤解を招くかもしれない」と注釈をつけているが、自分自身のパフォーマンスはまだまだだ、と言いたいだけなのではないだろうか。

また、ラウールがいるSnow Manや、彼らと同時デビューを果たしたSixTONESは、故・ジャニー喜多川氏が生前目標にしていた世界進出を視野に入れたグループ。デビュー発表時に、SixTONESの全国ツアーやSnow Manのアジア公演開催の予定も明かされ、彼らをプロデュースした滝沢秀明氏は「SixTONESは北米、Snow Manはアジア地域での活動も見越して、レコード会社さんを選びました」と話していた。

残念ながらSnow Manのアジア公演は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今回のライブ配信という形になった。本来であればアジアで開催されていたはずのライブの場で、ラウールは自身のパフォーマンスを振り返って「世界進出には程遠く、まだまだ素人レベルである」という思いもあったのかもしれない。

アジア地域での活動を見越しているSnow Man。K-POPアーティストを意識しているとの声もある。デビュー曲『D.D.』のミュージックビデオは、韓国のボーイズグループ・NCT Uの『The 7th Sense』のミュージックビデオに似ているとの指摘があり、さらに『D.D.』のカップリング曲『Crazy F-R-E-S-H』は、BIGBANGの『FANTASTIC BABY』やPSYの『江南スタイル』を彷彿とさせるといわれていた。

K-POPの中でも、いま一番勢いがあるといわれている男性グループ・BTSは8月にリリースした『ダイナマイト』が米国の主要シングルチャート「ビルボードホット100」で1位に輝き、世界規模で人気を集めている。一方のSnow Manはセカンドシングル『KISSIN' MY LIPS / Stories』が大ヒットしミリオン目前だが、その人気は日本国内が中心で限定的だ。ただ、海外市場を視野に入れるのであれば、デジタル配信を避け「CD」の流通にこだわるジャニーズ事務所側の姿勢こそ、早急に変化する必要があるだろう。

なお、ラウールはデビューライブ最終日に、自身の言動がネットで叩かれ、そのことでファンが悲しんでいることを自覚していると明かしていた。

<たまに自分の不器用なとこが出て、ボロが出ちゃったりする時があります。僕がなんか言われてる時に、まあ僕も人間だし、僕がちょっと悲しい気持ちになるのはわかる。なんだけど、よくよく考えたら応援してくれる人がすごく悲しんでたことも今までいっぱいあったと思う。それはちょっと、ちょっとっていうか、だいぶごめん>

まだ17歳という若さもあってか、言葉が荒削りになってしまうことも多いラウール。ファンにとっては、不器用なところもラウールの魅力であるようだが、アンチに目をつけられて言動をチェックされがちな彼のメンタル面が心配でもある。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ