相撲×ロック!?親方からは“圧倒的ボス感”が…斬新映像2ver.が公開

dwango.jp news


大迫力の映像と臨場感あふれる音とともに強き男たちの生き様を描いた世界初“大相撲”のエンターテイメント・ドキュメンタリー『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』が、2020年10月30日(金)よりTOHOシネマズ 錦糸町、10月31日(土)よりポレポレ東中野 ほか全国順次公開となる。今回、監督の熱い想いを音楽に乗せた、斬新すぎる特別映像2バージョンが公開された。


本作では、2018年12月~2019年6月の約半年間、境川部屋と髙田川部屋の二つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして、本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、様々な角度から紐解いていく。勝ち続けなければいけない、強くなくてはいけない。極限まで自分と向き合い、不屈の精神で「相撲」と闘い続けるサムライたちの生き様を描いた唯一無二のドキュメンタリーとなっている。

この度解禁となったのは、国技として知られ「和」のイメージが強い相撲とは対極な存在とも言える、“ロックミュージック”そして“ファンクミュージック”のノリノリの音楽に乗せた特別映像。東京オリンピック開催決定をきっかけに、日本人として大相撲の文化、力士の凄さを世界に届けたいという監督の熱い想いから作られた本作。そんな監督の想い代弁するかのように、“ロック”と“ファンク”という世界共通の音楽にのせた特別映像が制作され、完成した。


【境川部屋×ロックミュージック】…激しいロックなbeatでぶつかりkeiko(稽古) 

冒頭からキレッキレにかき鳴らされたエレキギターと、激しくドラムを叩きビートを刻む音楽に合わせて、元大関豪栄道(現・武隈親方)、妙義龍、佐田の海、豊響が次々と登場。「男を磨け、心を磨け、それが境川部屋」という力強いテロップの通り、 数ある相撲部屋の中でも随一とされる厳しい稽古が目まぐるしく活写された映像は、疾走感溢れるロック調の音楽とマッチして盛り立てている。


【髙田川部屋×ファンクミュージック】…超絶ハイテンションな音楽にのせ、己に勝て!

髙田川親方の「稽古したから強くなるわけじゃない。強いやつは強いんですよ。でも人間って心が弱いでしょ。そこを支えるのは稽古しかない」という名言からスタート。その言葉を証明するかのように竜電、輝をはじめとする力士たちが、稽古場に響き渡るほどの低いうなり声をあげながら、ひたすら稽古に明け暮れる姿が映し出される。境川部屋とは打って変わり、思わず体がノッてしまいそうなファンク調リズムで、笑顔でちゃんこ鍋を搔き込む力士の表情も印象的。映像の終盤には安芸乃島時代のまわしを締め、気迫たっぷりに稽古場にやってくる髙田川親方の溢れ出る“圧倒的ボス感”も見どころ…?!


劇中画を務めた琴剣淳弥氏と、イラストレーターのつちもちしんじ氏といった人気絵師たちからも映画をイメージした描きおろし応援イラストが到着。



かつて大相撲の力士として活躍し、本作の劇中画を担当している相撲漫画家・琴剣氏からは、しっかりと地を踏みしめ、これから闘いに挑むであろう敵を鋭く見据えた力士のイラスト。元力士であるからこその説得力を感じさせる、緊張感と闘志に溢れた一枚となっている。

現代の浮世絵画家として注目を集め、海外でも個展を開くほど人気のあるつちもち氏のイラストは、力士が国技館の大相撲場所に向けて、まっすぐ一本道を突き進んでいく様子をイメージ。正々堂々とした後ろ姿で力強さの溢れる仕上がりとなっている。

■『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』
10月30日(金)よりTOHOシネマズ 錦糸町、10月31日(土)よりポレポレ東中野 ほか全国順次公開
出演:境川部屋 髙田川部屋
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 配給協力:日活
(C) 2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ