wacci、日本武道館ワンマンライブを無観客配信 47都道府県ツアーの再開も決定

SPICE


5人組バンド・wacciが10月27日(火)、自身初となる日本武道館ワンマンライブを無観客配信という形で開催した。

ライブはセンターステージ方式で、5人のメンバーが内側を向き合う形で行われた。

今回、無料で60分、有料チケットで90分のライブを楽しめるが、有料チケット購入者には、本番直前の楽屋風景やメンバーのインタビュー映像などが本番前に楽しめるようになっていた。

ライブはストレートな恋心を綴ったロックチューン「最上級」から始まり、彼らの代表曲「大丈夫」、感動的なスポーツの名場面を想起させる「空に笑えば」、そして「足りない」「別の人の彼女になったよ」「感情」というバラードを惜しみなく披露。

8曲目の、最新シングル曲「フレンズ」では趣向を凝らしたゲストダンサーも登場し、センターステージ周辺を所狭しと橋口洋平(vo,g)と回りながら盛り上げるさまが届けられた。

さらに有料チケットエリアでは、インディーズ時代の「ありがとう」も披露。全15曲、100分にも及ぶパフォーマンス全曲の歌詞テロップも表示されるなど、新旧問わず、幅広いファンが楽しめる内容となっていた。

ボーカル・ギターの橋口洋平はMCで「(無観客ライブなので)見上げればたくさんの客席があるんだけど、そこに今(配信ライブを)観てくれているあなたが、ちゃんと座って一緒にライブを作る日を夢見て、頑張っていきたいと思います。もっともっと最高のライブを用意して待っていたいと思います。」と熱い想いを語り、「またこの場所で会いましょう!」と締めくくった。

また、公演内では新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっていた47都道府県ツアーの振替公演に加えて、追加公演の開催を発表している。

各地自治体の定めるガイドラインに則り、キャパシティーの調整を行い、感染症対策を徹底した上で開催する。

振替公演と追加公演とを合わせると、全55公演で、改めて47都道府県すべてで公演を行うことになる。

自身初となるホールツアーも用意されており、更にひと回り大きくなるwacciの全国ツアーにご期待頂きたい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ