ANA、中長距離LCC立ち上げ ボーイング787型機使用、エアージャパン母体

Traicy

ANA(ボーイング787-10型機、ボーイング787-8型機)ANAホールディングスは、エアージャパンを活用した第3のブランドを展開する。

2クラス、300席級のボーイング787型機を活用した中長距離格安航空会社(LCC)で、中距離東南アジア・オーストラリア路線に展開し、成長するアジアマーケットの取り込みを目指す。

エアージャパンを母体とすることで、速やかな事業の立ち上げが可能であるとしており、国際線の需要回復をにらみ、2022年度を目途に運航を開始する見通し。

全日本空輸(ANA)はビジネス、ピーチは短距離プレジャー路線、第3のブランドは中長距離プレジャー路線を展開することで、ブランドごとの棲み分けを図る。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ