2020年【ロックの殿堂】入り記念式典、豪華アーティスト勢揃いの予告映像解禁

Billboard JAPAN



新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年の【ロックの殿堂】入り記念式典が、史上初となるテレビ向け番組として米HBOで放送されることになった。これに先駆け、豪華アーティストが勢揃いした予告映像が公開された。

2020年11月7日に開催される今年の式典で殿堂入りするのは、デペッシュ・モード、ドゥービー・ブラザーズ、故ホイットニー・ヒューストン、ナイン・インチ・ネイルズ、故ノトーリアス・B.I.G.、T.レックスだ。

10月26日に公開された90秒の予告映像では、デイヴ・グロール、ディディ、ブルース・スプリングスティーンなどのアーティストをはじめ、女優のシャーリーズ・セロンやコメディアンなどが、ロックが持つ力や、殿堂入りする各アーティストやバンドについて語っている。

動画の冒頭にはグロールが登場し、「ロックンロールの物語とは、本当はたくさんの物語なのだ」と語り始め、今年殿堂入りするアーティストたちのモンタージュ映像が流れる中、「痛みと美しさ、反逆と結束、ノイズとハーモニーの物語」と続けている。そして次に、ルーク・ブライアン、スプリングスティーン、セロン、イギー・ポップ、ディディらが、「ようこそ、【ロックの殿堂】へ」と語りかける。

続いてコールドプレイのクリス・マーティンがデペッシュ・モードについて、「最先端だった」、「全てのルール・ブックを捨て去った」などと語り、ブラッド・ペイズリーとジャド・アパトーが、「ドゥービー・ブラザーズがいないロックンロールなど想像できない」などと称賛している。さらに、リン=マニュエル・ミランダとディディがビギーについて、「誰もが認めるニューヨークのサウンドだ」、「グレイテスト・オブ・オール・タイム(G.O.A.T.)」と絶賛し、ジェニファー・ハドソンはホイットニーを“女神”と呼び、マイリー・サイラスやセイント・ヴィンセントらがNINのサウンドを、「生々しくて、重くて、破壊的で、伝わりやすい、夢中にさせられる音楽」と形容している。

また、今年の<Ahmet Ertegun Award>を授与される、米音楽業界人のアーヴィング・エイゾフについてはグウェン・ステファニーとアダム・レヴィーンらが語り、ジョン・ランダウについてはスプリングスティーンなどが回顧している。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ