日露合作『ハチとパルマの物語』2021年3月ロシア公開 共作史上最大の1000館規模

クランクイン!

 来夏日本公開される日露合作映画『ハチとパルマの物語』が、ロシアでは2021年3月に公開されることが決定。共作作品としては史上最大規模となる、ロシア全土約1000スクリーンで上演されることが発表された。

1976年の旧ソ連時代を舞台に、モスクワ国際空港に実在した名犬「パルマ」のエピソードを基に、少年と犬の感動的な触れ合いを描いた本作。母の死とともに心を閉ざしてしまった少年コーリャと、はぐれた飼い主を空港で待ち続ける犬パルマの2つの魂が出会うきっかけをつくったのは秋田犬ハチだった。日露の名犬が少年の孤独な心を救う、モスクワと秋田を結ぶドラマが、共作作品としては史上最大規模となる約1000スクリーンで上演される。

主役のコーリャ少年役を、200人を超える応募者からオーディションで選ばれた子役レオニド・バーソフが演じ、ロシアを代表する名優アレクサンドル・ドモガロフ、映画『T‐34』のヴィクトル・ドブロヌラヴォフら熟練のキャストが脇を固める。

さらに日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らが出演。また、フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登場し、主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)が手掛ける。監督は俳優としても活躍し、本作で初めて親子での参加を果たしたアレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア。撮影は2019年7月から今年7月まで、ロシア・モスクワと秋田県大館市で行われた。

ロシア国内で大ヒットを記録した戦争映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』が1715スクリーン、日本でも大ヒット中の『TENET テネット』が1217スクリーン、ポン・ジュノ監督のオスカー受賞作『パラサイト 半地下の家族』が280スクリーン、カンヌでパルム・ドールを獲得した是枝裕和監督作『万引き家族』が138スクリーンという数字と比較しても、本作の公開規模がハリウッド超大作にも匹敵する観客動員を見込まれている証といえるだろう。

日露合作映画『ハチとパルマの物語』は2021年初夏日本公開。2021年3月ロシア公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ