ブルース・スプリングスティーンの曲が少年の青春を変えた!音楽青春映画の傑作『カセットテープ・ダイアリーズ』が配信&発売に

ガジェット通信



1987年のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく姿を爽やかに描いた青春音楽映画、『カセットテープ・ダイアリーズ』が12月2日(水)にデジタル配信、翌年年明けにはBlu-rayとDVDで発売・同日レンタル開始となることが決定しました。今年の自粛明け、2020年7月に劇場公開され、今年一番クラスの音楽青春映画として多くの熱い支持を集めた話題作です



【関連記事】「ブルースが、彼の曲が主人公を救う」伝説の“ツアマネ”ウドー音楽事務所の高橋辰雄氏が『カセットテープ・ダイアリーズ』とブルース・スプリングスティーンを語る!


【ストーリー】

イギリスの町ルートンで暮らすパキスタン移民の少年ジャベド。音楽と詩を書くのが好きな彼は、日々の生活の中で鬱屈と焦燥を抱えていた。閉鎖的な街の中で受ける人種差別や、保守的な父親との確執など、彼の悩みは尽きない。だがそんなある日、モヤモヤをすべてぶっ飛ばしてくれる、ブルース・スプリングスティーンの音楽と衝撃的に出会い、彼の世界は180度変わり始めていく―。




この映画に欠かせない存在であり、10月23日に新しいアルバムをリリースしたシンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーンは、ファンの間では“ボス”という名で親しまれている米国を代表する存在です。



本作ではそのボスから協力と愛情を受け、「明日なき暴走(Born To Run)」をはじめとする15曲以上の彼の名曲や歌詞が劇中でふんだんに使用され、未発表曲まで登場するなど、オリジナルサウンドトラックと合わせて何度も楽しめる一作となっています。



また音楽だけでなく80年代ファッションや、当時のイギリスの音楽文化や時代背景も本作の魅力のひとつです。“自分の進むべき道を探し求める”という現代にも通じる普遍的なテーマは、スプリングスティーンの楽曲を知らない若い世代でも共感、存分に楽しめる内容になっています。



<DVD発売・デジタル配信サイトURL>

https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item097/

<配信サービスまとめURL>

https://Movie.lnk.to/cassettePR



『カセットテープ・ダイアリーズ』

2020年12月2日(水)デジタル配信開始

2021年1月20日(水)ブルーレイ&DVD発売、DVDレンタル開始

◆Blu-ray

価格:¥4,700 (本体)+税

◆DVD

価格:¥3,800 (本体)+税

※DVDレンタル同時開始

発売元・販売元:ポニーキャニオン

(C) BIF Bruce Limited 2019

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ