当てはまったら要注意! 無駄使いに繋がる3つの落とし穴

fumumu

スマホで買い物(Sushiman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
無駄使いしているつもりはないけれど、なぜかお金が貯まらない…と、頭を悩ませてしまう人は少なくありません。

なぜお金が貯まらないのかを、無駄使いを克服した人たちに聞いてみると、「自覚がないまま、無駄使いに繋がる行動をしている可能性がある」と、言います。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。

(1)収納サービスの外注


「最近、月額250円から使える収納サービスが話題。箱に荷物を詰めて送るだけで使えるし、レンタルスペースよりも格安なので人気です。

しかし、手元に品物がないと『すでに持っていること』を忘れたり、必要な時に手元になかったりして、無駄使いを誘発してしまうこともあるので用心した方がいいと思います」(20代・女性)

手元になくていいものは、いらないものです。不要な品物を預けることにお金を使うこと自体が、「無駄使い」ということに気付きたいものですね。

関連記事:値引きに要注意! 初売りで得する人・損する人の特徴

(2)背伸びし過ぎた買い物


「奮発してAirpods proを購入したのですが、傷つくのが怖くて保証サービスを追加したり、保護ケースを買ったり……。本体にプラスして、かなりのお金を使ってしまいました。

買い物をする際は、それだけで完結する品物を選ぶように、気を付けた方がいいと思います」(20代・女性)

背伸びし過ぎた買い物をしてしまうと、それを使ったり見合った振る舞いをしたりするために、それ以外の買い物をする羽目になるというのはよくある話です。

(3)ポイント還元目当ての買い物


「ポイント還元目当ての買い物は、ポイントアップのためだけに不要な品物を買いがちなので気を付けた方がいいと思います。

還元してもらったポイントと比べて、割りに合わないことも多いので」(20代・女性)

結局、「必要最低限の品物しか買わない」というのが、無駄使いをなくす一番の近道だったりします。

これらの項目に一つでも当てはまった人は、すでに無駄使いをしてしまっているか、無駄遣い予備軍の可能性も。

同じような振る舞いをしないように、気を付けたいものですね。

・合わせて読みたい→目指せ節約上手! 「いつのまにか金欠」から抜け出す3つの方法

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ