心理テスト|子供のあなたに声をかけるとしたら?あなたの「弱点」が分かる診断

カナウ


心理テスト|子供のあなたに声をかけるとしたら?あなたの「弱点」が分かる診断

あなたの弱点は何でしょうか?

自分の弱点というのは、意外と自分ではわからないものです。
気になるあなたの弱点について、子供のころのあなたで診断してみましょう!

目次

声をかけるとしたらどうやって声をかける?



A.「大丈夫?」と心配し、一緒に探してあげる。
B.「遊ぼう!」と声をかけて、気晴らしに一緒に遊ぶ。
C.「好物の〇〇だよ」とおやつを与えて、何とかごまかす。
D.「私は大人になったあなただよ」まさかのネタバレに走り、その衝撃で悲しみを和らげる。

……選べましたか?
それでは、さっそく結果をチェックしてみましょう!

A.「大丈夫?」と心配し、一緒に探してあげる。


考えを曲げず、腰を据えて一つの事柄に取り組む。自分の中に一本の筋が通っているような、しっかりとした信念をもっているのが、あなたの良いところです。
その一方で、集中するあまり、周囲の声が耳に入らなくなってしまうことがあるのが、唯一の弱点といえます。人によっては、その姿勢を頑固と評するかもしれません。
あなたとは違う角度で物事を見る人もいるはずです。また、何気ない会話からントを得たり、解決策が見つかったりする可能性もあります。何かに一生懸命向き合っているときこそ、周囲とのコミュニケーションを大切にしましょう。

B.「遊ぼう!」と声をかけて、気晴らしに一緒に遊ぶ。


あなたの良い面は、物事を理論立てて考えられるところ。何事に対してもまじめに向き合い、軽率な振る舞いはしないでしょう。
ただ、地に足をつけた現実的な考え方をする一方で、新しいものを簡単には受け入れようとしないのが、唯一の弱点といえます。
流行や一過性の事物に左右されない堅実さは大切です。でも、今まで積み重ねてきたものや古いものを捨てるのではなく、そこに新たなエッセンスを加えることで、可能性が広がるはず。まずは、「話のタネに」という軽い気持ちで、世間で話題になっている事柄に目を向けてみるのもよいかもしれません。

C.「好物の〇〇だよ」とおやつを与えて、何とかごまかす。


周囲と足並みをそろえ波風を立てないあなたは、組織や集団の中で、状況に合わせて柔軟に行動できるのが良いところといえます。その一方で、自己主張をあまり得意としないのが、唯一の弱点でしょう。
気を使って反対意見を飲み込んだり、自分だけが我慢すればいいとあきらめたりする場合があるかもしれません。
議論は必ずしも対立に発展するわけではないはずです。「自分はこう思う」といったあなたの声が、新たな方向性につながることもあり得ます。「これだけは譲れない」という場合は多少頑固になってみる。そんな姿勢も、ときには必要です。

D.「私は大人になったあなただよ」まさかのネタバレに走り、その衝撃で悲しみを和らげる。


何事に対しても一生懸命に取り組もうとする姿勢は、あなたの良いところです。ただ、周囲に迷惑をかけまいとする気持ちや自立心の強さから、一人ですべてを背負い込んでしまうのが唯一の弱点といえます。
つらいときや苦しい状況でも我慢して、無意識のうちに明るく振る舞っていることがあるかもしれません。
弱さやカッコ悪さを見せたくない気持ちで、肩に力が入るのでしょう。たまには誰かを頼ったり、相談に乗ってもらったりすると気が楽になるはずです。そして、あなたのそんな姿を見て人間的な温かみを感じる人もいるに違いありません。

いかがでしたか?


あなたの弱点がわかりましたか?
他の心理テストもぜひ試してみてくださいね!

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ