山本舞香の言動がまた物議。飾らない性格は「怖い」それとも「信頼できる」?

wezzy


 俳優・山本舞香がバンドDISH//のボーカルで俳優の北村匠海に厳しい“ダメ出し”をし、話題になっている。

山本と北村は映画『とんかつDJアゲ太郎』の番宣として、10月21日放送の『ホンマでっか!? TV』にゲスト出演。二人は17歳の頃から友人だといい、山本は<北村さんは性格が弱すぎます。何とかなりませんか>と専門家に相談した。

山本は、北村の欠点として<声のボリュームが小さい><面白いこと言ってるのに、全部シラけるっていうか……もったいない。聞こえてないから笑えない>と指摘。<やる気あんの?>と厳しい一言も添えていた。

一方、北村にとって山本は<正反対すぎて眩しい>そうで、会うたびに「元気そうだね」と声をかけるという。この態度も山本は気に入らないようで、<私的には、北村くんのテンションを上げたいから元気に喋ってるのに、「今日も元気そうだね」ってカチンとくる><しんどくても元気でいんだよこっちは>と反論した。

北村は<返す言葉もないですね>と納得。とはいえ、人に合わせてハイテンションに振る舞う理由もないということで、<(テンションの高い人)僕の生活のテンションにはあまりにもそぐわないので><このままで良くない? と思っている自分がいます>と話していた。
山本舞香のハッキリとした性格に賛否
 多くの視聴者にとって山本舞香と北村匠海のトークは、気心の知れた友人同士の小競り合にうつったようだ。しかし、北村ファンは「このテンションの低さが北村くんの良さ」「余計なお世話です」と、反発している。

また山本は、好き嫌いのはっきりした性格でズバズバものをいうことから度々その発言が物議を醸しており、「やっぱり山本舞香は苦手」「生意気すぎる」「自分もロケでテンション低い時あったじゃん」といった批判も。

テンションの低かったロケというのは、『王様のブランチ』(TBS系)で放送された物件リサーチを行うコーナーのことだ。山本は同番組のレギュラーメンバーで、山本の望む条件を多く満たす物件を実際に見に行くという企画に参加。しかし、山本はナビゲーターの和牛から<好き? こういうの><高そうな家具やけどいらん?>などと尋ねられても、<あんまり……>と塩対応で、最後までつまらなそうな表情のままだった。

また今年9月放送の『王様のブランチ』では、オリエンタルラジオの藤森慎吾らとロケに出かけたが、ステーキを食べても山本は<おいしい~>との一言だけ。藤森から食レポを促されると、<食レポできないんで>と一蹴していた。

昨年7月の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)では、『王様のブランチ』の共演者から山本に対しての、「同世代の女子に厳しい」「少しの嘘も許さない」「ロケディレクター泣かせ」といった苦情が紹介されており、共演者も山本の正直すぎる言動には戸惑う部分があるようだ。

一方で、若手女優の中では山本のような忖度しない性格は新鮮であり、彼女を支持し憧れを持つファンも多数存在する。

山本は2018年に『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際、マツコ・デラックスに<この人は絶対作らないから自分を>と言われると、サラッと<作ってまで別にやりたくないです、この仕事>と返していた。

山本舞香の飾らなさを「意地悪そう」「怖い」と嫌悪する人もいれば、「信頼できる」と評価する人もいるわけで、受け止め方は様々だ。山本は自分を偽ってまで業界内で生き残ろうという野心があるわけでもなく、何かきっかけがあればスパッと辞めそうでもある。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ