コーヒー好き必見!焙煎からこだわるおしゃれコーヒーショップ

Sheage


「PASSAGE COFFEE(パッセージコーヒー)」は、東京の芝浦にあるコーヒー屋さん。世界大会認定の焙煎機で焙煎したコーヒー豆で、心も身体もほっと安らぐこだわりの一杯を提供してくれます。店内では常時数種類の豆が購入可能なので、ぜひお気に入りを見つけてみて。

さまざまな産地のコーヒー豆の魅力を引き出すコーヒー店


photo
出典:https://sheage.jp/article/65907

東京の芝浦に店舗を構える「PASSAGE COFFEE(パッセージコーヒー)」。コロンビアやエチオピア、エクアドル、ルワンダなどさまざまな生産地から届くコーヒー豆を使い、その素材本来の魅力を引き出す一杯を提供しているコーヒー屋さんです。

丁寧な仕事によって生まれる美味しさ


photo
出典:https://sheage.jp/article/65907

さまざまな通過点を旅して届いたコーヒー豆たちは、2019年に世田谷区の祖師谷にオープンしたロースターカフェ「Passage Coffee Roastery(パッセージコーヒーロースタリー)」で焙煎されます。使用している焙煎機は、世界大会認定焙煎機でもあるオランダ製のGIESEN社のもの。豆が持っている産地の個性をしっかりと引き出せるよう、焙煎ごとにプロファイルの記録やテイストのチェックを欠かさずに行っているのだそう。そういった丁寧な仕事から、ほっと一息つける美味しいコーヒーが生み出されています。

店内には常に数種類のコーヒー豆が並びます


photo
出典:https://sheage.jp/article/65907

焙煎されたフレッシュなコーヒー豆は、PASSAGE COFFEEの店内で購入することができます。もちろん、Passage Coffee Roasteryでも購入可能。常時数種類のパッケージが並んでいるので、ぜひお気に入りの味を見つけてください。少しずつ肌寒くなっていくこれからの季節、自宅で温かいコーヒーを淹れてのんびりと過ごすのもいいですね。

オンラインショップも要チェック


photo
出典:https://sheage.jp/article/65907

PASSAGE COFFEEはオンラインショップも運営していて、そちらでもコーヒー豆を買うことができます。そのほか、オリジナルグッズやコーヒーグッズが充実しているのも見どころ。

右のカップは、ロゴ入りの「フレーバーカップ」です。ワインの樽のようにコーヒーの香りを閉じ込めることからこの名がついたのだそう。ハンドルがないフォルムが愛らしく、毎日使いたくなるシンプルさ。カップを手ですっぽりと包み込むことができるため、ホットドリンクを入れれば冷えた手もじんわり温まります。他にも、デザインが可愛いコーヒーサーバーやケトルなども並んでいるので要チェック。

(左)【COSTA RICA】LAS LAJAS ALMA NEGRA 100g

950円(税込)

(右)Original Flavor Cup BARREL

1,670円(税込)

秋冬のお散歩のお供にもおすすめ


photo
出典:https://sheage.jp/article/65907

レモンやピーチなどの果実だったり、時にはお花だったり、あらゆる風味を秘めているコーヒー。その個性がぐっと引き出されたPASSAGE COFFEEのコーヒーは、テイクアウトしてお散歩のお供にするのもおすすめです。徒歩圏内に芝公園もあるので、お気に入りのコーヒーを片手にゆっくりと緑の中を歩いてみては。空気が冷たい秋冬でもきっと、心と身体が温まるはず。

writer / いおり
 photo / PASSAGE COFFEE

取材協力

PASSAGE COFFEE(パッセージコーヒー)

東京都港区芝5-14-16 大正堂ビル1F
営業時間:平日 7:30~19:00/土・日・祝 9:00~19:00
定休日:不定休
https://passagecoffee.com

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ