横浜流星、吉高由里子の親切心を「好きなのかな?」と勘違い

※画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 

10月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の横浜流星と女優の吉高由里子がゲスト出演。横浜が10月23日より公開の映画『きみの瞳が問いかけている』の撮影中に起こった勘違いエピソードを披露した。

 

横浜流星「ちゃんと食べてる?」と気遣われ超勘違い

女の子のどの行動が好きアピールかを当てていくことになった横浜が「『ちゃんと食べてる?』と撮影現場でやたら気にかけてくる女の子」と例をあげると、なぜか吉高は苦笑い。

 

横浜は「これは僕、めちゃくちゃ聞かれるんですよ。不健康に見えるから。まあこれぐらいだったらまだ『気にかけてくれてるんだ。ありがとうございます』って感じなんですけど、ここからさらに自分が作ったお弁当とかを渡してきたりとかして。コンビニで買ったものをそのまま渡してきたりとか。まあ何か好きなのかな?って」と実際に経験した好きアピールだと話す。

 

これに吉高は「私のことだよね?」と言い2人で大笑い。吉高は好きアピールではないとキッパリ否定すると「(横浜は)ホントにストイックに鍛えたりとかして食べてない時期とかもあったし、忙しすぎて『食べる時間あるんだったら寝たい』みたいな時期もあったし。だから心配になっちゃって。どんどん(頬が)こけて。何か大丈夫かな?って。食べないと力が出ないじゃないですか。メンタル的にも弱ってきちゃうと思って、『ちゃんと食べてる?』とか、私がコンビニ行ってついでに何かこう(流星くんの)好きなものを買って帰ってきたり渡したりして」と気を引くどころか本気で心配だったと説明。これにTOKIOらが「いやいや、勘違いするでしょ」と横浜の肩を持つと「しますよね!」と喜ぶ横浜。

 

しかし「ちなみにどういう物を買ってきてもらったんですか?お弁当的な?」との質問に「いや、お弁当はまた別にいるんですけど」と吉高だけではないと明かすと、これに長瀬智也が「モテモテじゃねーか!」と悔しそうにしていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ