友情は壊したくないけれど…友達が“ダメ恋”をしていたときの対処法




客観的に見て「あの男は絶対やめておいたほうがいい」と思うような“ダメ男”に引っかかる女性っていますよね。
とはいえあまりにも彼を批判してしまうと、今度は友情が壊れる危険があります。では友情も守りつつ、友達の目を覚まさせるにはいったいどうしたらいいのでしょうか。
そこで今回は「友達がダメ恋をしていたときの対処法」について女性陣にリサーチしてみました。

「友達がダメ恋していたときの対処法」

1. 「そんな男やめたほうがいい!」と全力で止める

「私はウソがつけないタイプなので、『そんな男はやめたほうがいい!』って全力で止めます。ここでケンカになったとしてもかまわないし、わかってもらえるまで言い続けます」(20代/学生)

▽ 「彼、二股しているらしいよ」「都合よく利用されているだけじゃない?」と諭しつつ、彼はやめたほうがいいと訴える方法。絶対に聞き入れない人もいれば、「友達がここまで止める男性とは付き合わないほうがいいな」と察する人もいます。関係性が壊れるリスクがある一方で、友達の性格によっては効果的かもしれませんね。

2. 軽くは止めるけれど…



「私もそうだったけれど、結局は自分で気づかないとわからないんだよね。軽くは止めるけれど、もういい大人だしそれ以上は無理強いしないですね」(30代/公務員)

▽ どんなにダメ男でも、友達がゾッコンだったらどうしようもありません。とはいえ彼が改心しない限り、いずれうまくいかなくなる日が来るはず。いまは口出ししすぎず、友達が別れたときには優しく包み込んであげましょう。

3. 彼以外に目がいくように試行錯誤する

「友達がチャラ男にハマってしまったことがあって。その子も都合よく利用されることに悩んでいたので、なるべく彼以外に目がいくようにしていました。
具体的には旅行や遊園地などで気を紛らわす、ふたりでメイク研究に没頭する、異性がいる飲み会に参加させるとか。その甲斐あってか優しい男性と出会えて、チャラ男とはスパッと縁が切れていました」(30代/人材)

▽ 彼を否定しすぎてしまうと、友達の中で「彼の悪口ばかり言わないで!」と反発心が生まれます。そうすると友情も壊れがち……。友達の気持ちをそらすために、別の楽しみを共有するのも方法です。彼以外に没頭できることが見つかれば、自然とダメ恋も終わりますよ。

4. 波風は立てず、普段通りでいる

「友達が孤立すれば、ダメ男的には洗脳しやすいんですよね。なので私たちがケンカしちゃうと、結局ダメ男の思うツボになる。
それだけは阻止したいから、私から彼と別れろとも言わないし、話題にも出さない。友達が彼の話をしはじめたら聞き役に徹するって感じですね」(20代/受付)

▽ ダメ男なんかのために友情を壊す必要はありません。ましてや女同士でケンカしたことがダメ男に知られれば、彼がますますつけあがることが予想されます。
それに友達がそばにいてくれる安心感があれば、ダメ恋を手放す勇気も出てきやすいはず。なにも言わず、そっと見守り続けましょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ