【12星座別】2020年11月の総合運

カナウ


【12星座別】2020年11月の総合運

こんにちは。
占い師のスピカです。
季節が秋から冬へと移り変わる11月。
だんだんと寒さも厳しくなり、切なさや寂しさを感じやすい、ちょっとセンチメンタルな月ですよね。
そんな11月がどんな日々となるのか、12星座別に総合運をお伝えいたします!

目次

おひつじ座(牡羊座)


11月は、焦って行動した末に空回りしてしまうような、ちょっと要注意な運気となります。
バタバタと忙しく、やるべきことが多いので、焦燥感にかられてしまいやすいとは思いますが……。
そんな時こそ、落ち着いた気持ちに整えるようにしてみてくださいね。

おうし座(牡牛座)


疲れやストレスから、暴飲暴食や散財をしてしまいがちな11月。
足りないものを埋めるような行動を取ると失敗しやすい時なので、今あるもので上手にストレス解消したり、リフレッシュしたりするように意識してみましょう。

ふたご座(双子座)


11月は、羽を伸ばして、思う存分遊んだり休んだりするのがオススメの月です。
「そんなことしている余裕がない……」という場合でも、意識的に楽しいと思うことや、リラックスできることに時間を使うようにすると、元気をチャージできますよ。

かに座(蟹座)


中旬までは、欲しい物が手に入らなかったり、好きな人に会えなかったりと、プチ欲求不満になってしまうかもしれません。
だんだんと幸せな展開へ進む時なので、ゆっくりゆったり過ごすようにしてみてくださいね。

しし座(獅子座)


いつも過ごしている生活圏内や、家族などの身近な人から、ハッピーな出来事が訪れる気配です!
そのため、持っていないものを求めたり、遠くを目指したりするより、自分の身近な人や物に目を向けることで、幸せな時間を過ごすことができますよ。

おとめ座(乙女座)


11月は、落ち着いて色々なことをこなしていける運気が訪れます。
散らかっていることがあれば、スッキリ片付けるチャンスの時期でもあります!
物理的なものから、人間関係等々、整理整頓することで、本当に大切なことが見えてくるでしょう。

てんびん座(天秤座)


ずっと待ち望んでいたような、楽しく幸せな時間が到来する11月。
特にプライベートでは嬉しい出来事が起こる気配なので、なるべく多くの時間を自由に使えるように調節してみてくださいね。

さそり座(蠍座)


慌ただしい日々で疲れたな……と感じている人も、ホッとひと息できたり、癒しを感じたりできるご褒美期間がやってきます。
「自分に優しく」をテーマに、11月はがんばりすぎず、意識的に休養を取ったり、好きなことをしたりしましょう。

いて座(射手座)


11月は、友達と和気あいあいとした時間を過ごすことができます。
なかなか連絡できずにご無沙汰になってしまった友達にメールや電話をしてみるのもオススメですよ。
遠方等で会いづらい場合も、オンライン飲み会などを開催すると、想像以上に盛りあがることができるでしょう。

やぎ座(山羊座)


いつもよりイライラしやすく、対人トラブルを撒きやすい、やや不穏な運気です。
自分とって大切なことを譲る必要はないのですが、些細なことや、あわせられることについては、頑固にならず歩み寄るように意識してみてくださいね。

みずがめ座(水瓶座)


センスがアップするので、自分磨きがオススメな11月。
大胆なイメージチェンジも成功しやすく、周囲からも褒められるので、自分の新たな魅力に気づくことができるでしょう。

うお座(魚座)


「何だか調子が出ないな……」と思っていた日々から抜け出し、華やいだ時間がやってきます。
チャンスに恵まれたり、有益な情報が入ってきたりしやすいので、前向きな気持ちで過ごすようにしてみてくださいね。

いかがでしたか?


どんどん寒い日々に移り変わっていく11月ですが、そんな季節の中でも楽しいことや、心がウキウキする方に目を向けることができれば、きっと幸せな毎日が待っていることと思います!
みなさまの日々が実り多き素晴らしいものとなりますよう、私も心よりお祈りしておりますね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
(スピカ/占い師)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ