『#リモラブ』第2話のあらすじは? 美々(波瑠)が恋する檸檬の正体が早くも明らかに!?

#ドラマに恋して

※画像は『#リモラブ~普通の恋は邪道』公式instagram(@remolove_ntv)のスクリーンショット

 

波瑠さん主演によるコロナ禍での恋愛を描くラブコメディ『#リモラブ』(日本テレビ系、毎週水曜よる10時)。その第2話が10月21日に放送されました。

 

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』ってどんなドラマ?

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』は水橋文美江さん脚本によるラブコメディー。「コロナのある世界観を描いた」ドラマとして注目を集めています。

 

 主人公は「鐘木パルプコーポレーション」で働く産業医・大桜美々(波瑠さん)。新型ウイルスの驚異の中で対応に追われる彼女は、厳しい管理体制と態度から健康管理室の独裁者と言われています。しかも男性を食べ物に例え見下す癖もあり、恋愛はおざなりに……。

それでもひとりの時間をそれなりに楽しんでいましたが、顔も名前もわからない誰かにSNSで恋! おまけにその相手は社内の人間!? いったい誰が……

 

美々と一緒に働く新人看護師・八木原大輝を髙橋優斗さん(HiHi Jets/ジャニーズJr.)のほか、人事部社員の朝鳴肇を及川光博さん、青林風一を松下滉平さん、五文字順太郎を間宮祥太郎さん、営業部の社員の岬恒雄を渡辺大さん。女性陣では、青林の彼女の我孫子沙織を川栄李奈さん、パルプコーポレーションの嘱託医で精神科医の冨近ゆりを江口のりこさんが演じます。

 

秘密のSNSの相手・檸檬を八木原だと勘違いした美々。『#リモラブ~普通の恋は邪道~』第2話はどうなったのでしょうか、あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

この投稿をInstagramで見る

【公式】#リモラブ~普通の恋は邪道~(@remolove_ntv)がシェアした投稿

 

ネタバレ注意!第2話のあらすじは?

SNS上で恋をした相手『檸檬』を八木原大輝(髙橋優斗さん)と勘違いしてしまい、赤っ恥をかいた大桜美々(波瑠さん)。美々は仕方なく八木原と富近ゆり(江口のりこさん)に檸檬がこの社内の人間であることを打ち明ける。

 

それから5カ月後の10月、2人のやりとりは順調に続いていた。しかし美々がハートのスタンプを送った日を境に檸檬のメッセージが途絶えてしまう。

 

そんなある日、青林風一(松下洸平さん)から食事に誘われた美々は「青林が檸檬かも?」と疑い始める。ところが本当に美々を狙っていたのは人事部の五文字順太郎(間宮祥太朗さん)。その後、美々は、青林が彼女の我孫子沙織(川栄李奈さん)とイチャついていたことや、青林が「レモン好き」と知り、この容疑は晴れる。

 

その後、返事が途絶えていた檸檬から「逢いませんか?」とのメッセージが届く。この思いがけないお誘いに舞い上がる美々だったが、まずは事前に檸檬の正体をつきとめることにする。

 

そこで美々は、過去のメッセージを辿り『檸檬の尿酸値は5.29』ということを突き止める。そして社内の記録から該当者を探し出すと、”特別健康診断”と称して、朝鳴肇(及川光博さん)、五文字、岬恒雄(渡辺大さん)、深杉明彦(今井隆文さん)の4名を呼び出した。そして困惑する面々に「レモンは好きか?」といった質問で絞り込みをはじめる。その結果「草モチの葉を食べるか?」との質問にただ一人、朝鳴だけがイエスと答えたのだった。

 

朝鳴が檸檬だったと分かった美々は、急に現実へと引き戻される。そして「名前も顔も分からないこその恋だった」と気づき、檸檬に感謝の言葉と共に「さようなら」とのメッセージを送る。

 

ところが、しばらくして届いた檸檬のメッセージには、美々に対する感謝の気持ちや、出会ったころから今に至るまでの心情が記されていた。そして最後に「僕は草モチさんが誰であっても良かった。草モチさんだから楽しかった。さようなら」と……。この温かい言葉に美々は「例え朝鳴でも失いたくない!」と朝鳴の元へ駆け出すのだった。

 

一方その頃、青林と我孫子は海沿いの公園でデートをしていた。我孫子は「ありがとう、草モチのこと。ちゃんとさよなら言ってくれて」という。「向こうが言ってきたしね」と返す青林。何と檸檬の正体は青林であった。

 

またその頃、そうとも知らず美々は朝鳴に「私が草モチです!」と思いっきり告白していた。

 

キーワードはまさかの尿酸値5.29

新人看護師・八木原は檸檬ではなかったことが分かり、羞恥心にのたうち回る美々。

相手が誰か分からなくていいと言う美々に八木原は「相手が分からないと恋愛にならないですよ!」と言いますが、「今は二次元の相手に本気で恋をする時代なんだから!」と相手を知らないままやりとりを5ヶ月も続けることに。

しかし、ついに檸檬のほうから「逢いませんか 逢いましょう」というメッセージが!

迷いに迷った美々はこれまでのメッセージの中から手がかりになるよなうものを見つけ出します。それが「尿酸値5.29」。同じ会社にいることは分かっているので、過去の健康診断から「尿酸値5.29」の社員を洗い出し、特別健康面談を行うことに。

自分の中で「檸檬」を理想の人として作り上げていたわけですが、実際に会えば現実が受け入れられるかもしれない、と考えていたのです。極上のステーキが理想だけど、そうじゃなくても受け入れられるかもしれない。

でも、檸檬と思しき人はステーキではなく”トンカツ”の朝鳴課長。衝撃を受ける美々は現実と理想の間で揺れ動くことになります。

いや朝鳴さん素敵じゃないですか! 離婚したばかりで不倫にもなりませんし、自分で台所に立つようにもなったって言っていたじゃないですか。キッチンに及川光博さんが立って料理してくれるんだぞ、尊いじゃないですか!

さんざん悩み倒した美々ですが、第2話のラストに檸檬は青林だということが明らかにされます。

「青林が檸檬説はいや 青林だけはイヤ!!」と中盤で暴れていた美々ですが、まんまと……。それにしても青林の彼女の沙織が危険な香りがします……。

「私に隠れて知らない人と繋がっちゃダメ」とか、草モチとさよならしたことを確認しようとするところとか……それに草モチを呼び捨てにしているところとか、嫌な予感が……。

いや、沙織の女のカンが働いたのかもしれません。草モチを近づかせるのは危険だ、と。

 

この投稿をInstagramで見る

【公式】#リモラブ~普通の恋は邪道~(@remolove_ntv)がシェアした投稿

 

ナビゲーター&恋愛アドバイザー? 八木原の立ち位置

1話からナビゲーター的役目を果たしている新人看護師の八木原。

美々の恋のことを知ってからは恋愛アドバイザーのようなこともしています。突然「尿酸値5.29」の人物を探し始めたときにも諸々察して協力をしようとするところ、グッジョブ……。

勝手に新人看護師というとドジを踏みまくって美々を激怒させるのではと思っていたのですが、テキパキとしていて仕事ができる感。

 

一方で八木原の恋の行方も気になるところ。父が経営する居酒屋で働く栞(福地桃子さん)とはラブラブ。電話では「かわいいぞ、このやろ」「かわいいぜ、このやろ」などとほのぼのとしたかわいい恋愛を展開中。

でも、栞の父・ひろ吉(西堀亮さん)には2人の関係は秘密にしたまま。八木原が「そろそろきちんと挨拶を」と言い出しますが栞は頑なに拒んでいます。娘をかわいがっているからというのもありそうですが、無事にひろ吉に2人の関係を認めてもらうことは叶うのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

【公式】#リモラブ~普通の恋は邪道~(@remolove_ntv)がシェアした投稿

 

どうなる第3話!?

そんな栞が活躍(?)しそうな第3話。

自分が「檸檬」だと言って現れたのは……青林ではなく五文字!

五文字とデートに行くことになる美々ですが……。波乱がありそうな第3話も見逃せません!

 

見逃し配信サービスも!

第2話を見逃したという方は、民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』および『日テレ無料TADA!』で10月28日(水)21:59まで無料で配信。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

 

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『日テレ無料TADA!』

『hulu』

 

過去放送分もチェック

『#リモラブ』第1話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ