『この恋あたためますか』第1話のあらすじは? 初回から中村倫也と仲野太賀にキュンキュンが止まらない!

#ドラマに恋して

※画像は『この恋あたためますか』公式Instagram(@koiata_tbs)より

 

森七菜さん主演、中村倫也さん出演で話題のドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜よる10時)。その初回は10月20日に放送されました。

 

『この恋あたためますか』ってどんなドラマ?

神森万里江さん、青塚美穂さんのオリジナル脚本となる『この恋あたためますか』。

主人公は元アイドル、今はコンビニ「ココエブリィ」でバイトをしている井上樹木(森七菜さん)。楽しみと言えばコンビニスイーツを食べて、その感想を「キキかじり」のアカウントでSNSにアップすること。

そんな樹木と偶然出会ったのが「ココエブリィ」の代表取締役社長の浅羽拓実(中村倫也さん)。実はココエブリィはコンビニ業界最下位で、浅羽はその経営立て直しのためにEコマースを運営する会社から出向してきたのでした。

浅羽が経営を立て直すために打ち出した案がスイーツのリニューアル。そして、その案を成功させるために浅羽が目をつけたのが「キキかじり」だったのです。

コンビニスイーツの開発を通して2人の関係はどのように変化していくのか……。

 

共演キャストも豪華!「ココエブリィ」商品部スイーツ課に所属する北川里保役に石橋静河さん、樹木と一緒にスイーツ開発を行う新谷誠役に仲野太賀さんのほか、山本耕史さん、市川実日子さん、飯塚悟志さん(東京03)といったラインナップになっています。

そんな話題作『この恋あたためますか』の初回はどうなったのでしょうか? あらすじなどをご紹介します。(ネタバレ注意)

 

この投稿をInstagramで見る

【公式】TBS火曜ドラマ「この恋あたためますか」(@koiata_tbs)がシェアした投稿

 

ネタバレ注意!第1話のあらすじは?

若いメンバーに押し出される形でアイドルグループを卒業させられた井上樹木(森七菜さん)は、夢破れてコンビニエンスストア『ココエブリィ』でバイトの日々。唯一の趣味はコンビニスイーツの感想をSNS「キキかじり」にアップすること。また浅羽拓実(中村倫也さん)との出会いも、そのライブ配信中に浅羽とトラブルとなったことがきっかけだった。

 

一方、浅羽はというと、Eコマースを運営する会社から業界最下位のコンビニ『ココエブリィ』の経営を立て直すために代表取締役社長として出向してきたばかりだった。そこで浅羽は、地元の後輩でパティシエの新谷誠(仲野大賀さん)を本社に呼び寄せ、スイーツのリニューアルとして「1番売れるシュークリーム」の制作に乗り出す。しかし、本社のスイーツ課は、他所から来た浅羽に対し非協力的。困った浅羽は社内公募に持ち込む。

 

そんな時、浅羽は、樹木がSNSで発信するコンビニスイーツの評価がかなり的確であることを知り、バイト先まで出向いてスイーツ作りの協力を求める。最初は横柄な態度の浅羽を嫌っていた樹木だったが、「君が必要だ」と言われ協力することに。

 

樹木は本社内でスイーツの試作品を作っている別会社『チョイスキッチン』で働いている新谷と協力して試作品を作り始める。そして2人は試行錯誤を重ねながらついに納得のいくシュークリームを作り上げた。さっそく樹木と新谷は試作品を食べてもらおうと浅羽の元へ。しかし浅羽は不在のまま2時間以上待っても戻ってこない。樹木は彼氏・裕太(田中俊介さん)にこのシュークリームを届けるために先に会社を出るが……久しぶりにあった彼氏にこっぴどくフラれてしまう。

 

その頃、浅羽は2人が作った渾身のシュークリームを試食していた。そしてバイト先のコンビニで泣いている樹木に会いに行くと、彼氏に食べさせるはずだったシュークリームを手に取り一気に食べあげ「うまい」と一言。自信を失っていた樹木に、浅羽は「君の作ったこの味が多くの人を幸せにするんだ」と告げる。雨の中、自宅まで送ってくれた浅羽に、樹木は「私もっとスイーツが作りたい」と願い出る。しかし浅羽は「この商品はこちらが買い取らせてもらう」とこの企画に一旦終止符を打つのだった。

 

だがその翌日、浅羽はココエブリィの業績が上がらない責任をとってか退職届を提出する。一方、樹木は新しく生まれ変わったようにイキイキとバイト生活をおくっていた。そこに再び浅羽が現れ「いい話と悪い話、どっちから聞きたい?」と尋ねるのだった。

 

元アイドルとコンビニ商品のまさかの共通点?

「きみは噛み続けたガムだ」

アイドルグループをクビになったときに樹木が言われたセリフが辛い、辛すぎます……。「人を幸せにしたい」という気持ちで続けていたアイドル活動。

コンビニスイーツを食べて感想をアップするようになったのも、落ち込んでいた時期に食べてちょっと幸せになれたから、でした。

人を幸せにする、という意味ではアイドルもコンビニスイーツも共通点があるのかもしれません。また、樹木はコンビニの商品と自分のことを重ねていました。

 

「コンビニでバイトをしていると商品を並べているときが一番辛い」

「古いのから手前に置くけど、買う人も知っているから奥から買う」

「そして古いものは機嫌が切れて捨てられる」

「代わりはいくらでもいる」

 

アイドルとか、コンビニとか関係なく妙にこの言葉が痛く感じた人もいるのではないでしょうか……。

同時に、樹木は期待されることを恐れるようになっていました。期待に応えられず、失望されることが怖い。誰だって怖いのは同じですが、一度全否定されてしまうと一歩踏み出すのが怖くなってしまいます。

ずっと立ち止まっていた樹木の手を引いたのが浅羽でした。

 

 

初回から心を打ち抜くキュンワード続出!?

スマートでクールな野心家。思ったことはストレートに言い、自分の期待に応えられない人間は容赦なく切り捨てる。人との距離感ゼロ・天性の人たらしという役からクールな代表取締役まで……温度差に風邪をひいてしまいそうですがどれも素敵すぎる中村倫也さん……。

初回ですし、そっけない態度ばかりかと思っていたら、最後にさりげないキュン弾を放ってきました……。

自分が開発に携わったシュークリームを持って彼氏の元を訪れた樹木。しかし、彼氏の家には別の女性がいて、「アイドルだから付き合っていたのに」「うざい」などひどい言葉を投げかけられてしまいます。

落ち込み、バイト先のイートインで落ち込む樹木。

そこにやってきたのが浅羽。樹木が開発したシュークリームのビジュアルを褒めたあと、「味は忘れたな」と言ってシュークリームをバクリ。

甘いもの苦手なのに! おそらく直前にスイーツの試食もしているはずなのに!

「一口食べれば味は分かる」って言っていたのに完食!! そのあとは「家まで送ろう」と言って相合傘。

いや、あなた高い車に乗ってましたよね? タクシーは?

でも相合傘で浅羽の肩が濡れているのが尊いので、どうでもよくなりました。

 

そして、浅羽とは真逆のキャラとも言えるのが仲野太賀さん演じる新谷。いつもニコニコしている癒し系だけど、仕事はプライドを持っていてヤケになる樹木をビシッと叱ります。

おまけに聞き上手。樹木がアイドルをクビになってからの気持ちを引き出します。

「どうせ私なんかががんばったって無駄でしょ、って思っちゃう。そういうスイッチがあるときを境にできちゃった」

そう言う樹木に真顔で迫る新谷。えっ、もしや壁ドン? イマドキ? と思いきや、樹木の背後にあった電灯のスイッチを押します。

「スイッチが切れたときは言って。また俺が再起動してあげるから」

 

は……?それはときめくのでは……?
おまけになんでちょっと照れくさそうなの……?

 

初回から胸キュンな見どころたっぷり、すでに次回が楽しみでなりません!

 

この投稿をInstagramで見る

【公式】TBS火曜ドラマ「この恋あたためますか」(@koiata_tbs)がシェアした投稿

 

どうなる第2話!?

 

一番売れるシュークリームのアイディアを提出、見事採用された樹木と新谷でしたが、なんとライバル出現?

「ココエブリィ」でシュークリーム対決をすることに。さらに浅羽を取り巻く恋の予感……?

第2話も本当に待ち遠しい!

 

見逃し配信サービスも!

第1話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で10月27日(火)21:59まで無料で配信。さらに『TBS FREE』でも期間限定で無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

 

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ