鵜飼主水、志村玲於、星波、竹中凌平、谷佳樹、土井一海出演でオリジナル舞台『サイコーのパス』を上演

SPICE



2020年12月16日(水)~20日(日)ザ・ポケット(東京・中野)にて、舞台『サイコーのパス』が上演されることが決定した。

脚本・演出は、ドラマ「知らない人んち(仮)」(テレビ東京)、「ウドの海岸物語」(テレビ東京)などの脚本、や、劇場映画「白爪草」の監督もつとめる西垣匡基。本作はオリジナル作品となる。

山奥の喫茶店を訪れた男たち。誰も面識がなく、性格もバラバラ。だが、全員が同じ人物を待っているという共通点があった……という物語だ。

出演者は、鵜飼主水(舞台『信長の野望』柴田勝家役・舞台『真・三國無双~赤壁の戦い IF~』 黄蓋役)、ダンス&ボーカルユニット SUPER★DRAGON から志村玲於(映画『青夏』浅島タカヤ役、舞台『義風堂々‼』茂助役)、星波(舞台『炎炎ノ消防隊』茉希尾瀬役、ミュージカル『悪ノ娘』アレン役)、『東京ワンピースタワーONE PIECE LIVE ATTRACTION』モンキー・D・ルフィ役で役者デビューの竹中凌平(『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE 沢田綱吉役、TVアニメ 『W'z≪ウィズ≫』オープニング主題歌「Reason」)、谷佳樹(舞台『剣が君』縁役、ミュージカル『ふしぎ遊戯-蒼ノ章-』星宿役)、土井一海(ミュージカル『テニスの王子様』 木手永四郎役、2.5 次元ダンスライブ ツキウタ。ステージ『ツキステ。』 文月海役)の全6名となる。


【ストーリー】
山奥の人気のない喫茶店を訪れた一人の男。誰かと待ち合わせをしている。
しばらくすると、また別の男がやって来る。
そして、また別の男が…次々と…。
「全員同じ人物を待っている!?」
小学生のときの結婚の約束を守る一途な青年、女性には誰でも声をかけるキザなチャラ男、
アイドルを追いかけている熱烈なオタク、など、全くバラバラな面識のない男たち。
集まったのは偶然なのか、必然なのか…。
一通のメールから、男たちは物語に巻き込まれいく。

なお本公演のチケットは10月24日(土)12:00より最速先行の販売が開始される。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ