『ケンミンSHOW』田中裕二、栃木県への一言に騒然 「何言ってんすか」

しらべぇ




22日に放送された『秘密のケンミンSHOW 極』(日本テレビ系)では、MC・田中裕二の栃木県への一言が話題に。スタジオからブーイングが相次ぐ事態に、視聴者からも注目が集まった。

■渡辺徹が切り込む


今回の放送では「北関東スペシャル!」と題し、群馬・栃木・茨城の三県を特集することとなったのだが、そのオープニングに田中は突然「東京からすると、北は埼玉まで」とコメント。

これに、北関東出身のゲスト陣は一斉に反発。茨城出身のタレント・渡辺徹は「田中ちゃんねえ、僭越ながら…」と諭すように口を開き、「『ケンミンSHOW』っていうのは、北関東が引っ張ってきたと言っても過言じゃない」と訴えた。

関連記事:『ケンミンSHOW』代打MC・太田光の試食コメントに騒然 「さすがに…」

■「何言ってんすか」


さらに、栃木県出身で野球解説者の真中満が、自身について「3年、4年くらい前に”とちぎ未来大使”に任命されて」と語り出した場面。なんとこれに、田中は「え、栃木に未来はあるんですか?」とツッコミ。

真中が「あります! 未来しかないです!」と即答すると、すぐに同県出身のお笑いコンビ・U字工事の益子卓郎は、「何言ってんすか」と驚きの声を上げた。

■北関東の魅力に気づくが…


番組が進んでいくにつれ、北関東の魅力に徐々に気づき始めた田中。とはいえ、視聴者からは「冒頭の発言忘れてないですからね…!」といったコメントも。

今回は2時間スペシャルで、そのすべてを北関東特集に使ったこともあり、あまり知識がないと思われる視聴者からも「何となく3県の特徴が分かりました」「勉強になります」といったコメントが寄せられていた。

■東京以外ではどこが都会?


しらべぇ編集部が全国の20代から60代の男女1,378名に調査を実施したところ、「東京以外の関東地区でもっとも都会だと思う県」について、栃木県と答えた人は1.7%、茨城県は1.7%、群馬県が1.0%という結果に。

やはり神奈川県が群を抜いているが、千葉県や埼玉県とは大差がついているという訳でもないようだ。



新MCとして就任し、およそ半年経った今回の放送。この企画では、そんな番組歴が浅い田中に、北関東の魅力を伝えるという趣旨も含まれていたようだ。

・合わせて読みたい→『ケンミンSHOW』田中裕二、狩野英孝の変化に鋭い指摘 「さすがです」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ