嵐、デビュー当時の“嵐”と21年の時を超えて初共演「大野さん、だいぶ動いていたんだね」

dwango.jp news


とソフトバンクがコラボレーションし「誰も見たことのない世界へ、一緒に。」をテーマに、5G(第5世代移動通信システム)時代の新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクトの最新作として、初めての5GのiPhoneの新テレビCM「これからだ」篇が、2020年10月23日(金)から全国で放映を開始する。




今回の新CMでは、1999年9月15日にハワイ・ホノルル沖のクルーズ客船で行われた「嵐」のデビュー会見を舞台に、そこで起こったとある不思議な光景がドラマチックに描かれている。会見当日、テレビカメラの前でインタビュアーの質問に応じた後、5人並んで「これからだな…おれたち」「これからだ」と希望に胸を膨らませている彼らの姿を、また別のクルーズ客船から懐かしそうに眺めていたのは、何と現在の「嵐」のメンバー。

デビュー当時の自分たちに思いを馳せながら、21年前と同じ晴れやかな表情で「これからだな…おれたちも」「これからだ」と力強く宣言。希望に胸を膨らませ、未来を見つめる彼らの姿と「誰も見たことのない世界へ、一緒に」「新しい世界へ、初めての5GのiPhoneと」というメッセージを通じて、「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」から成る新しいiPhoneの魅力を訴求していく。一番の見どころは、最先端のCG技術を駆使してリアルに再現した、全員まだ10代の初々しいデビュー当時の「嵐」と、すっかり大人になった現在の「嵐」が、21年の時を超えて初共演するシーンだ。

また、テレビCMと連動した嵐のスペシャルコンテンツを、5G時代ならではの臨場感溢れる視聴体験を実現する“ソフトバンク”のコンテンツ配信サービス「5G LAB」内でも公開。FR SQUAREでは、CM楽曲で採用されている嵐の新曲『Party Starters』をロングバージョンで楽しめる他、ここでしか見られないオリジナルダンスが楽しめる。VR SQUAREでは、視聴しているユーザーがクルーズ客船の船長となり、3Dで臨場感溢れる世界を巡る「嵐との冒険」が体験できる。さらに、10月23日(金)発売の全国紙5紙の朝刊に登場する嵐のメンバーの広告のQRコードを読み取り、AR SQUAREアプリ上で新聞全体をかざすと、嵐のスペシャルメッセージと音声が出現。複数の新聞を順に読み取るとメンバー同士が会話する仕掛けとなっており、読み取る新聞の数によっても会話が変化する。

「5G LAB」内の嵐のコンテンツは、すべて2020年10月23日(金)から公開予定。



今回、最先端のデジタル技術を駆使して、デビュー時の自分たちと共演することとなった「嵐」。21年前の姿をCGで再現するに当たって、事前に基礎データを取るため「リファレンス」と呼ばれる顔の表情や動きの撮影を行った。それぞれ当時のイメージをつかんでもらうため、現場でデビュー会見の映像をチェックした5人。「デビュー会見の時の心境を思い出してください」という監督のリクエストに対して、「あの頃、どんな気持ちであそこにいたんだったっけなぁ」と懐かしい記憶を呼び起こす一方、「この頃の大野さん、だいぶ動いていたんだね(笑)」「あ、ホントだ!」と、普段の楽屋などでお地蔵のように動かないことで知られる(?)リーダーの現在の様子と比較して、メンバー同士の会話を弾ませていた。

松本の「これからだな…おれたち」というセリフを受けて、他の4人が反応するシーン。ここでは、全員一緒に「これからだ」と発声するカット以外にも、バリエーションで一人ずつのワンショットも撮影した。二宮のワンショットを収録した際、監督が「相葉さんほんの少しだけご自身の左側に移動してください」とオーダー。相葉は「あ、入んないでってことね…けっこう右肩頑張ってたんだけど」と苦笑い。実は直前のテイクで、二宮の隣りにいる相葉の右肩が不自然に動いていたらしく「良かれと思ってやったんだけどね」「(右肩で)芝居してたんでしょ」「肩で喋ってたのに」と、メンバーから一斉に慰められるほほ笑ましい場面が。

テレビCMのラストカットは、メンバーの皆がお互いの肩に手を掛けながらポーズを決めるカット以外にも、全員で楽しそうに笑っている様子をローアングルから捉える、エキストラカットも撮影。「嵐」らしいベストスマイルをカメラに収めるべく、「ちょっと長めに回します」という指示を受けて本番に臨んだ「嵐」の5人。当初は「5G(対応のiPhone)ほしいね。どうなるんだろうね」「iPhoneだね」などと思い思いの言葉を囁き笑い合っていたところ、さらに監督から「もうちょいガハハっと笑った感じがほしい」という注文が入る。そこで、すかさず二宮が「大野さん!」と呼びかけると、「じゃあ、みんな笑うよ。せーの!」と合図を出した大野。その直後、今まで以上に元気な笑い声が響き渡る。しばらくして「もっかい笑う?せーの」と再び笑いのエンジンを点火し、見事OKテイクとなった。


――デビュー当時の皆さんと初共演という話を最初に聞いた時、どのような印象を受けましたか?
二宮:最初というより、撮影が終わった今でもあんまり意味が分かっていませんね(笑)これはどういうことなんだと。
櫻井:作品が完成してみないとね。
二宮:やっぱり技術が最新だから、追いつかないですよ。いろいろ想像を超えちゃっているから。
相葉:そうだよね。実際に共演している様子をまだ見れていないもんね。
二宮:そうなのよ。
松本:楽しみだよね。
二宮:我々が一番楽しみにしているんじゃないかってぐらい、本当に楽しみだし、あの時代の自分たちがどうなっているのかなんて、普通は見ることができないからね。未来を夢見ることはできますけど、過去を見つめ返すって、なかなかできないから。
櫻井:かっこいいね。
二宮:かっこいいでしょ。
松本:もう一回言って、もう一回言って。
二宮:やっぱり未来は…なんて言いました、私?
櫻井:違う、違う。見つめ直すことは…。
二宮:あれ??
相葉:なんだっけ?ま、いっか。
櫻井:ま、そういうことで(笑)
二宮:とにかく斬新ですよね。すごいと思いました。
大野:正直、デビュー当時の映像自体を見るのはそんなに久々ではないんですよね。
相葉:たしかに。
松本:20周年の時とか、けっこう見たもんね。
大野:そうそう。去年も見ましたけど、そもそもデビュー当時の僕らと共演できるという形が取れる今の時代に、僕は正直ついていけません。
松本:いやいや、大丈夫ですよ。
大野:大丈夫ですか?
二宮:ちゃんと共演していましたから。
大野:ニノがちょっと言っていたように、まだ想像でしかないから、僕も完成が非常に楽しみです。たぶん、想像を超えてくるんでしょうね。

――デビュー当時の思い出をお聞かせください。
相葉:当時はガラケーだったよね。
松本:そういう話じゃないよ(笑)
相葉:あ、違うの?ケータイの話じゃないの?
松本:違う違う。
二宮:当時のケータイのエピソードじゃないでしょ。
相葉:違うの?
松本:当時のハワイでこんなことがあったなっていうエピソードですよね?そっちですよ。
相葉:あ、なるほど、そっちか。すいません。
松本:ガラケーだったとか、そういう話じゃないよ。
櫻井:まぁ、よく話してるけど、ほら、ニノが船ダメだからさ。
二宮:そう。俺はギリギリまで寝てたよね。
櫻井:船酔いだったよね。その意味でいうと、今回の現在の映像の中で船酔いしてないでしょ?
二宮:してないよね。
松本:成長したね。
大野:成長した。
櫻井:完全体の二宮和也が。
相葉:ようやくだ。
二宮:揺れてたけどね、けっこう。でも、酔わなかったよ。

――初の“5G”のiPhoneが誕生する噂もありますが、どう思いますか?
櫻井:いや、楽しみですよ。やっぱり我々もテレビCMの撮影こそしていますけど、5Gをまだ実感はできていないので、どういう風に見られるのか。あと、5Gを想定した内容を撮影していますが、たとえばVRとか、5Gで見たらどれくらいの映像になってるんだろうとか。何かやりながら、実感を想像しながら撮影を進めているので、それが本当に体感できる日が楽しみですし、早くね、僕らもね。
相葉:ねー。
二宮:え、いただけるんですか?
全員:(笑)
松本:え、ソフトバンクさん?
二宮:あら、いただけるんですか?
相葉:高いよ、だって。
二宮:そうよ。
櫻井:そんな日が来ないかな、なんて。
全員:(笑)
二宮:5Gでね。
松本:5Gは関係ないでしょ。
二宮:え、5Gで届くんじゃないんですか?
櫻井:とにかく体感したいですよ。
二宮:たしかにね。
櫻井:自分の目の前で5Gのすごさを。すごく楽しみにしています。

――今回のCMで使われている新曲『Party Starters』についてお聞かせください。
松本:とにかく明るい、ポップな曲になっていると思います。今年の頭ぐらいにロサンゼルスに行ってレコーディングした、思い入れの深い曲なので、楽曲としてテレビCMで使っていただけるのはすごく嬉しいです。テレビCMをご覧になる方も、曲を聴いてくださる方も、ポジティブな気持ちになっていただけたらなと思います。

――「これからだ」篇にちなんで、これからファンの皆さんにどういったことを届けていきたいですか?
相葉:そりゃもう、僕らの本業であるワチャワチャ楽しくふざけるっていうのを、伝えていけたら…。
松本:そこを伝えるの?歌って踊っての方でしょ。
二宮:それで20年やってないよ。
松本:ワチャワチャやって20年じゃないですよ。
二宮:歌って踊る、の方よ。
相葉:そうですね。間違えました。
二宮:間違えないで。
相葉:歌って踊る姿をね、見せたいと思います。
松本:そっちも見せたいけどね。両方見てほしいけど。
相葉:そうだよね。これからもワチャワチャしながら、楽しく歌って踊る姿を届けたいと思います。

----------non_rss_start----------




【関連記事】

嵐 節目の2020年、夢中で駆け抜けたこれまでを振り返り語る“学び”と“いいこと”

----------non_rss_start----------


当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ